グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム  > 学生生活  > 留学生支援  > 新しい在留管理制度


新しい在留管理制度

2012年7月9日(月曜日)から、外国人登録制度は廃止され、新しい在留管理制度がはじまりました。


在留管理制度

2012年7月9日より新しい在留管理制度が始まりました。大きな変更点は3点です。

1. 「在留カード」が交付されます

外国人登録制度が廃止となり、次回在留期間更新の際に、「在留カード」が交付されます。在留カードは常に携帯する義務があります。
現在、外国人登録証明書を交付されている場合は、在留期限の更新・変更になるまでの間「在留カード」の代わりとなります。大切にして携帯してください。

2. 再入国許可の制度がかわります

一時的に出国する際、出国後1年以内に日本での活動を継続するために再入国する場合は、原則再入国許可を受ける必要がなくなります。
出国の際に、必ず在留カードを提示してください。

3. 外国人登録制度が廃止されます

外国人登録制度が廃止され、住民登録が義務となりました。すでに外国人登録を行っている場合は、外国人登録情報をもとに住民登録がされています。

※詳しくは、法務省入国管理局のホームページを見てください。