グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



【給付奨学金・貸与奨学金】日本学生支援機構奨学金在学採用(新規)の二次採用について(高等教育の修学支援新制度 授業料減免を含む)(R4)


ホーム >  学生生活 >  奨学金について >  【給付奨学金・貸与奨学金】日本学生支援機構奨学金在学採用(新規)の二次採用について(高等教育の修学支援新制度 授業料減免を含む)(R4)


はじめに

※二次採用になります。既に奨学生となっている方は手続きの必要はありません。

注)今年度の一次採用においては2020年分の収入情報により選考を行いましたが、今回の二次採用は 2021年分の収入情報により選考を行います。そのため、一度、家計基準を満たさないことにより不採用となった学生等であっても 、世帯の構成や年収等 に変更が生じている場合には、選考により採用される可能性があります。

申請対象者

総合情報学部・看護学部の1~4年生、大学院生(貸与奨学金のみ)

※在留資格が「留学」の外国人留学生・原級者・留年者は対象外となります

申請の流れ

申し込む奨学金制度を決める
【給付型奨学金、貸与型奨学金(第一種奨学金)、貸与型奨学金(第二種奨学金)】
※(給付型・貸与型どちらも申込む事も可)

「給付奨学金案内」「貸与奨学金案内」を熟読の上、どの制度を申請するかを決定する

「給付奨学金」・・・原則として返還義務はなく、奨学金が支給されるものです。
学業成績などが基準を下回る場合、奨学金の支給を打ち切ることがあります。
給付奨学金の支給対象の学生は、授業料等の減免も同時に受けることができます。
※第一種奨学金の貸与を併せて受ける場合、給付奨学金の支援区分に応じて、第一種奨学金の貸与月額が調整されます。この場合、申込時に選択した貸与月額及び貸与中の月額から減額または増額(併給調整)されることがありますので注意してください。

「貸与奨学金」・・・貸与奨学金は、「もらう」ものではなく学生自身が「借りる」ものです。
奨学金の貸与を受けるのは学生本人です。返還義務も本人にあります。
貸与奨学金は学業成績不振等により、打ち切られる場合があります。

1.「進学資金シミュレーター」又は「奨学金貸与・返還シミュレーション」を行う

給付奨学金希望者の方・・・「進学資金シミュレーター」収入基準に該当するか確認してください。
貸与(二種)奨学金希望者の方・・・「奨学金貸与・返還シミュレーション」にて貸与額・返還額のシミュレーションを確認してください。

2.ビデオの視聴

3.申請書類一式を入手する【令和4年9月6日(火)~9月30日(金)】

申請書類一式を期限(令和4年9月30日)までに学生教務課「窓口A」まで取りに来てください。
※申し込む奨学金の制度(給付、第一種貸与、第二種貸与、併用)を決めてくること

事情により学生教務課に来られない場合
【メールでの資料取り寄せ方法】

①件名 「【二次採用】奨学金定期採用希望者」とする

②本文
・学籍番号
・氏名
・送付先
・給付型or貸与型or両方

以上を明記の上、学生教務課宛のメールにて申請してください。

学生教務課メールアドレス:gakusei@affrs.tuis.ac.jp

後日申請関係書類一式を指定された住所へ郵送いたします。

4.スカラネット入力下書き用紙を記入する


5.スカラネットから申請(入力)する。

①PC、スマートフォンから http://www.sas.jasso.go.jp/ にアクセスする。
②確認事項を確認後、「◆奨学金の新規申込(高校等で予約済の人を除く)」の【送信】ボタンを選択する。
③学校から指定されたユーザーID・パスワードを使用しログインする。
④「スカラネット入力下書き用紙」に記入したとおりに正しく入力する。(マイナンバー提出書の申込ID、パスワードを入力)
⑤送信後に表示される「受付番号」を「マイナンバー提出書」及び「スカラネット入力下書き用紙」に必ず転記してください。
期限 振込開始
9月30日(金) 11月初回振込希望者
10月31日(月) 12月初回振込希望者

6.「マイナンバー提出書」を日本学生支援機構に郵送する【期限:スカラネット入力後、1週間以内】

スカラネットでの入力終了後、「マイナンバー(個人番号)の提出方法」をよく読み、送信後に表示される「受付番号」を「マイナンバー提出書」に転記し、必要事項を記入してください。確認書類をコピーし、配付された緑の封筒にマイナンバー提出書と確認書類のコピーを同封して、郵便局の窓口で簡易書留で送付してください。(ポスト投函不可)

「マイナンバー提出書」は申請書類一式の中に入っていますので、確認して下さい。

期限 振込開始
9月30日(金)必着 11月初回振込希望者
10月31日(月)必着 12月初回振込希望者

7.学生教務課へ書類を提出する。【期限:マイナンバー提出書郵送後1週間以内】

「マイナンバー提出書」を日本学生支援機構に提出後、1週間以内に下に記載してある書類を学生教務課へ提出して下さい。

1.学生教務課「窓口A」に持参する
2.郵送する

【送り先】
〒265ー8501
千葉県千葉市若葉区御成台4-1 東京情報大学 学生教務課 宛  
※封筒に「奨学金申請書類在中」と記載してください。

〈給付型〉
①【全員】給付奨学金確認書
本人・生計維持者1・2は、それぞれ自筆で署名してください。
②【全員】スカラネット入力下書き用紙【給付奨学金(貸与併用申込)用】
③【全員】授業料減免の認定申請書(A様式1)
④【全員】学修計画書
⑤【全員】給付奨学金シミュレーションの結果印刷(保護者の方向け)
⑥【全員】給付&貸与併用奨学金申請チェックリスト
⑦【1年生のみ】高校での調査書(成績証明書不可)
⑧【該当者のみ】収入に関する証明書類・特別控除に関する証明書類
⑨【該当者のみ】「在留資格及び在留期間が明記されている証明書」「施設等在籍証明書」等


〈貸与型〉
①【全員】〔貸与奨学金〕確認書兼個人信用情報の取扱いに関する同意書  
②【全員】「スカラネット入力下書き用紙」(下書きを記入し、15ページに振込口座の金融機関名、支店名、口座番号、口座名義人等がわかる通帳の見開きページのコピーを貼る) ※自分の確認用に下書き用紙のコピーをとること
③【全員】貸与奨学金申請チェックリスト
④【すでに第一種奨学金を貸与中で、新たに第二種奨学金を希望する1年生のみ】高校の調査書(成績証明書不可)
⑤【該当者のみ】収入に関する証明書類・特別控除に関する証明書類
⑥【該当者のみ】在留資格・社会的養護等の証明書類
⑦【全員】貸与奨学金申請チェックリスト
※「貸与奨学金案内(ピンクの冊子)」 32ページ~の「収入状況の確認」を読み、必要な証明書類を確認すること。

8.大学で推薦者を決定し、日本学生支援機構へ推薦する。※推薦結果については後日連絡

注意事項

•期日・時間が守れない場合、奨学生としての資格はないものとみなし、申請は認めません。やむをえない理由がある場合は、必ず事前に学生教務課にご連絡ください。

•申請書類は、記載内容に誤りがなく、添付書類(証明書等)が全てそろっていないと受理できませんのでご注意ください。

•この奨学金は、学生本人の名義で貸与となります。学生本人が責任を持って貸与・返還することを十分自覚したうえで、申請を行ってください。また、保護者様からのお問い合わせは原則ご遠慮ください

本件に関するお問い合わせ

東京情報大学 学生教務課
電話番号:043-236ー4612
受付時間:9時~17時30分(土日・祝日は休み) 2022/9/12は窓口休業

※奨学金を貸与・給付するのは保護者ではなく学生となります。必ず学生本人が手続きを行ってください。
保護者様からのお問い合わせは原則ご遠慮ください。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。