グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



【5月11日更新】【貸与型・給付型】日本学生支援機構奨学金(在学採用)新規申込(二次募集)について※高等教育の修学支援新制度 給付奨学金を含む 


ホーム >  学生生活 >  奨学金について >  【5月11日更新】【貸与型・給付型】日本学生支援機構奨学金(在学採用)新規申込(二次募集)について※高等教育の修学支援新制度 給付奨学金を含む 


はじめに

日本学生支援機構の奨学金を希望する学生はこちらに掲載している内容をよく確認し、期日までに手続きを行ってください。

また、この奨学金制度は、「貸与型」と「給付型」があります。申し込みにあたっては、日本学生支援機構のホームページを参照し、奨学金制度の内容を充分ご確認いただいたうえでお申し込みください。

貸与型の概要→こちら
給付型の概要→こちら

※二次募集になります。既に奨学生となっている方、既に申請されている方は手続きの必要はありません。


※新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援はこちらをご確認ください

申請対象者

総合情報学部・看護学部の1~4年生および大学院生
※在留資格が「留学」の外国人留学生・原級者・留年者は対象外となります

申請の流れ

1.ビデオの視聴

2.資料を取り寄せる【期限令和2年5月11日(月)~5月15日(金)】※申込は終了しました

申請に必要な書類一式を期限(令和2年5月11日~5月15日)までに取り寄せてください。
※申込は終了いたしました。

【メールでの資料取り寄せ方法】
①件名
 「奨学金定期採用希望者」とする

②本文
・学籍番号
・氏名
・送付先
・貸与型or給付型(どちらを申し込むかを明記)

以上を明記の上、学生教務課宛のメールにて申請してください。

学生教務課メールアドレス:gakusei@affrs.tuis.ac.jp

※後日申請関係書類一式を指定された住所へ郵送いたします

3.スカラネット入力下書き用紙を記入する


4.パソコン・スマートフォンから申請(提出)をする【期限:令和2年5月13日(水)~5月25日(月)】

パソコンもしくはスマートフォンから提出用ホームページアドレス( https://www.sas.jasso.go.jp/)にアクセスし、「スカラネット入力下書き用紙」を確認しながら申請(提出)を期限(令和2年5月13日~5月25日)までに行う。


5.「マイナンバー提出書」を日本学生支援機構に郵送する【期限:令和2年5月29日(金)】

「マイナンバー提出書」のセットに同封されていた専用の提出用封筒(水色)を使用し、簡易書留にて期限(令和2年5月29日)までに日本学生支援機構に郵送してください。

※「マイナンバー提出書」は取り寄せて頂いた資料の中に入っておりますので、届き次第確認して下さい。

6.学生教務課に資料を郵送する【期限:令和2年6月5日(金)】

「マイナンバー提出書」を日本学生支援機構に提出しましたら、下の表に記載してある書類を学生教務課に期限(令和2年6月5日学生教務課郵送必着)までに提出(郵送)して下さい。

送り先:
〒265ー8501
千葉県千葉市若葉区御成台4-1 東京情報大学 学生教務課 宛  
※封筒に「奨学金申請書類在中」と記載してください。
【貸与型申請者】
書類 備考
確認書兼個人信用情報の取扱いに関する同意書 全員提出
スカラネット入力下書き用紙 全員提出
収入に関する証明書 該当者のみ
特別控除に関する証明書類 該当者のみ
在留資格及び在留期限が明記されている証明書類 該当者のみ
【給付型申請者】
書類 備考
確認書 全員提出
大学等における修学の支援に関する法律による授業料等減免の対象者の認定に関する申請書 全員提出
スカラネット入力下書き用紙 全員提出
大学等への修学支援の措置に係る学修計画書 該当者のみ
2019年度課税証明書 該当者のみ
在留資格及び在留期限が明記されている証明書類 該当者のみ
施設等在籍証明書、児童(里親)委託証明書、措置解除決定通知等 該当者のみ
【大学院】
書類 備考
確認書兼個人信用情報の取扱いに関する同意書 全員提出
スカラネット入力下書き用紙 全員提出
収入に関する証明書類 全員提出
収入計算書 全員提出
在留資格及び在留期限が明記されている証明書類 該当者のみ

各自確認しておくこと

申込~採用までのスケジュール【予定】

日付 内容 注意事項
5月11日(月)~5月15日(金) メールでの書類取り寄せ期間 期限までにメールがない場合、奨学金申請資格はありません。
5月13日(水)~5月25日(月) スカラネット入力
5月29日(金) マイナンバー提出書を日本学生支援機構に郵送
6月5日(金) 学生教務課に書類を提出 期限までに提出がない場合、奨学金申請は行いません。
6月下旬 推薦者決定
推薦者発表
(推薦者を機構に報告)
採用結果は、J-portにてお知らせします
7月10日(金) 奨学金初回振込日 奨学金は毎月11日に振り込まれます。
※11日が土日祝日の場合、前日の平日が振込日です。
7月下旬 採用及び返還説明会開催(予定)
8月中旬頃 返還誓約書提出 返還誓約書未提出者は、「採用取消」となります。今まで受給していた奨学金も払い戻しとなります。
9月頃 正式採用決定 奨学生として採用が決定します。

学内の周知・連絡方法

奨学金情報の周知について

奨学金についてのお知らせ(説明会情報等)は、J-port(学内WEB情報システム)にて随時掲示しますので、毎日必ず確認し、必要な手続をとるようにしてください。

個人の呼び出しについて

奨学金の手続きにおいて、以下の方法で個人を呼び出すことがあります。
着信履歴や伝言があった場合には、必ず折り返し学生教務課まで連絡をしてください。携帯番号が変更になった場合は、必ず学生教務課に来訪してください。
学生教務課: 043-236-4612
  • 本人携帯への学校からの連絡
  • 保証人(帰省先)への学校からの連絡

注意事項

•期日・時間が守れない場合、奨学生としての資格はないものとみなし、原則出願は認めません。やむをえない理由がある場合は、必ず事前に学生課にご連絡ください。

•申請書類は、記載内容に誤りがなく、添付書類(証明書等)が全てそろっていないと受理できませんのでご注意ください。

•この奨学金は、学生本人の名義で貸与となります。学生本人が責任を持って貸与・返還することを十分自覚したうえで、申請を行ってください。また、保護者様からのお問い合わせは原則ご遠慮ください

その他

保証制度について

奨学金を申し込む際には、人的保証制度・機関保証制度のどちらかの加入が条件となります。
説明会時及び申請時までに各自、保証制度の決定を行ってください。

人的保証

連帯保証人(父または母)、保証人(満65歳未満の4親等以内の親族)の選定が必要となるため、それぞれ事前に了承を得ておくことが必要となります。連帯保証人、保証人の了承が得られない場合は、必然的に機関保証となります。

機関保証

連帯保証人及び保証人を立てるのではなく、毎月一定の保証料を支払うものです。
本人の意思と責任のもと、加入できる保証制度です。
手続きも本人の署名押印のみでできるものです

振込口座について

この奨学金は、学生本人に貸与し、返還するものとなるため、本人名義の銀行口座に毎月希望した奨学金が振り込まれます。
学生本人名義の口座を未開設の場合は、説明会時までに口座開設してください。

採用後の手続きについて

採用決定後、直ちに返還の手続きにうつり、学校の締切期日までに返還誓約書等の提出が必要になります。
未提出の場合は、採用が取り消される場合がありますので、大学からの連絡(J-port、学内掲示板等で掲示)を必ず確認してください。

本件に関するお問い合わせ

東京情報大学 学生教務課
電話番号:043-236ー4612
受付時間:9時~17時30分(土日・祝日は休み)

※奨学金を貸与・給付するのは保護者ではなく学生となります。必ず学生本人が手続きを行ってください。保護者様からのお問い合わせは原則ご遠慮ください

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。