グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



在学生インタビューvol.7 小原 理さん(3年)


ホーム >  学生生活 >  在学生&卒業生インタビュー >  在学生インタビュー >  在学生インタビューvol.7 小原 理さん(3年)

アクティブに動くことで自分がやりたいことが見えてきた
情報ビジネス学科3年 小原 理 さん
東京都私立和光高等学校出身

キーワード:会計・金融/国内留学
入学して1年がたち、普通の大学生活に疑問を持っていた小原さん。そんな彼が偶然見つけた「国内留学制度」を利用して飛び込んだ先は、北海道の網走市。東京農業大学のオホーツクキャンパスでの学びが、自分が将来やってみたいことを見つけるきっかけになったそうです。

東京情報大学に入学した理由は何ですか?

もともと専門学校への進学も考えていたのですが、親と相談するうちにしっかりと4年制の大学で学ぼうと思うようになりました。当時、これからの社会では情報が大切といわれていたのですが、システムやプログラミングにはそこまで興味が持てませんでした。
そこで、情報の基礎を学びつつ、将来役立ちそうなビジネスを専門に学べる大学がいいと考え、それを実現できる情報大に指定校推薦で入学しました。

大学ではどのようなことを学んでいますか?

会計・金融コースにあたるゼミに所属して、金融を学んでいます。
今は戦後以降の経済史についてのテキストをゼミ生で読み進めながら学んでいます。

情報大ではIT分野が注目されがちですが、金融のゼミを選んだのはなぜですか?

もともと、知らないことを学びたいという性格なので、金融については何も知らないからこそ逆に学んでみたいと思い、このゼミを選びました。
2年生まではマーケティングや経営系の授業が中心だったので、ゼミに入って最初の頃は、授業で出てくる金融用語がほとんど分からないような状態で苦労しました。しかし少しずつ勉強していくことで、今では新聞の経済欄に書いてあるようなこともよく理解できるようになりました。

北海道に国内留学をしていたそうですね。詳しく聞かせていただけますか?

農大オホーツクキャンパスでの
実習後の昼食(エゾシカカレー)

情報大に入って1年たったころ、自分の中で、このまま普通に大学生活を送っていていいのかという思いが出てきました。そういった悶々とした思いを抱えていた頃にちょうど、東京農業大学との単位互換制度というものがあることを知りました。せっかく大学に入ったのだからいろいろなことに挑戦してみたいと考え、一念発起して、この制度を利用して農大のオホーツクキャンパス(北海道網走市)へ2年生の4から9月までの半年間、留学しました。住居費などお金の面でも大学の補助があったことも留学を決める後押しになりました。

東京情報大学では東京農業大学や放送大学および千葉県内私立大学との単位互換制度があり、他大学で取得した単位が卒業要件単位に認定されます。詳細は特別な履修方法を要する科目をご覧ください。

オホーツクキャンパスではどのようなことを学んだのですか?

オホーツクの授業の様子

さまざまな授業を受けたのですが、「地域活性化システム論」という授業との出合いが自分にとって一番大きな出来事でした。小樽市役所や内閣府、農林水産省で地域活性化に取り組んだ先生が担当するこの授業では、実際に地域の人や網走市長などの話を聞きながら、オホーツク地域の活性化について深く考えていきました。この授業を受けたことで、自分も地域活性化という仕事に携わりたいと思うようになりました。

留学を終えて、情報大に戻ってきてから取り組んでいることはありますか?

北海道で「地域活性化に携わりたい」という目標を見つけたので、情報大に戻ってからもそのテーマで学びを深めたいと思い、情報大の近くにある「下田農業ふれあい館」という地域施設でインターンシップをしています。網走と千葉の2箇所で地域活性に関わっていることで、地域によって抱える課題に違いがあり、活性化の方策も変わってくるのだということを実感として理解しています。

将来の仕事もそのような方向を考えているのですか?

はい。今は公務員になって、地域の課題を解決し、人でにぎわうまちづくりに携わりたいと思っています。大学に公務員試験対策講座があったり、公務員試験協会の講座を紹介してもらえたりするので、それを活用して試験の傾向や勉強法に関する情報収集を進めているところです。

最後に、高校生に向けてメッセージをお願いします。

大学では、アクティブに動いていろいろな経験をしてみることが何より大事だと思います。
今やりたいことが漠然としていても、大学に入ってアクティブに動けばいろいろなチャンスがやってきます。情報大はそんなチャンスに溢れています。せっかく大学に入るんだから、高校の延長じゃもったいない。遊びにしても学びにしてもいろいろな経験をしてほしいと思います。ぜひ、僕のようにオホーツクキャンパスへの留学にもチャレンジしてみてほしいですね。

Q.サークルには入っていますか

A.フットサル、野球、冬季限定のスノーボードサークルの3つに入っています。
野球サークルは以前はなかったのですが、オホーツク留学から戻ったらできていたのですぐに入りました!

Q.キャンパスで好きな場所は?

A.フットサルコートです。サークルの活動場所で、「あんな場所に!」という目立つところにあるのが好きですね。

Q.実家暮らし?一人暮らし?

A.一人暮らしで、モノレール駅のある千城台の近くに住んでいます。
前は自転車通学でしたが、今は車で通っています。

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。