グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



在学生インタビューvol.11 ブリンチさん(1年)


ホーム >  学生生活 >  在学生&卒業生インタビュー >  在学生インタビュー >  在学生インタビューvol.11 ブリンチさん(1年)

映像制作を授業と部活動で勉強中。人から「おもしろい」と言われる映像を作りたい。
総合情報学科1年 ブリンチ さん 留学生
ベトナム出身

キーワード:映像・音響コース/留学生/文化部/起業
高校生のことからコンピュータを使って映像を編集するのが好きだったブリンチさん。それをもっと学びたくて入学した情報大では、授業での実習だけでなく、サークルでも仲間と一緒に映像制作に取り組んでいるそうです。映像制作を通じてブリンチさんが学んでいることとはどのようなことなのでしょうか。

ブリンチさんはベトナム出身だそうですね。情報大に入ろうと思ったのはなぜですか?

ベトナムに住んでいたころから、日本のテレビ番組が好きで、日本に興味があったので、大学入学の2年前に日本に留学し、新潟にある日本語学校に通っていました。その後、将来は日本のテレビ局で映像編集に関わる仕事をしたいと思い、映像編集を専門的に学べる大学を次の進学先として探していました。
ちょうどその時、情報大に「映像・音響コース」があるという話を聞き、自分が学びたい分野にとても近いと思ったので入学を決めました。

実際に情報大に入ってみて、授業や生活はどうですか?

入学前は授業についていけるのか、友達はできるのかといった不安がありました。しかし実際入学してみると、情報大の学生は私のような留学生にも優しく声を掛けてくれて、すぐに友達ができましたし、授業は日本語なので大変ですが、友達が助けてくれるのでしっかり勉強することができています。今は本当に入ってよかったと思っています。

特におもしろいと思う授業は何ですか?

今受講している、「スタジオ番組・ドラマ制作論」という授業です。
学内にある放送局のようなテレビスタジオ※を使って、15分ほどのニュース番組を作る実習に取り組みました。
放送局仕様のハイビジョンカメラなどの最新設備を備えた新しいテレビスタジオが2014年に稼動を開始しました!
詳しくはこちらをご覧ください。

部活動でも映像制作をしているそうですね。

はい。「LVT」という映像制作のサークルで放送番組を作っています。最近までは、翔風祭(学園祭)で発表する1年生による番組を作るために、みんなでずっと撮影や編集をしていました。1年生だけで企画から撮影、編集まですべて行うのはとても大変だったのですが、先輩がカメラの配置やマイクの使い方などの技術的なところをいろいろと教えてくれたので、なんとか完成させることができました。

授業やサークルでの映像制作を通じてどんなことを学べていると思いますか?

映像に関する技術をいろいろ習得できていることはもちろん、他の人と一緒に番組を作ることの難しさと楽しさを体験できていると感じます。私は編集が専門なのですが、他の技術を持つスタッフと協力して1つの番組をゼロから作ることはとても大変ですが、できたときのうれしさや感動は大きいですね。

今後、挑戦したいことはありますか?

映像制作では、まだチャレンジしたことがない「ドラマ作り」に挑戦してみたいと思っています。
他にも、人からおもしろいと言ってもらえるような映像を在学中に作りたいです。
将来は、まずは日本のテレビ局に就職して、編集の仕事をしたいと考えています。そこでしっかりと働いて技術を身につけたら、ベトナムに戻って映像関係で自分の会社を起こしたいと思っています。そのために、大学にいるうちにしっかり映像の技術を学びたいですね。

高校生の皆さんへメッセージをお願いします。

私は映像・音響をやりたくて情報大に入り、それが授業やサークルでできているのでとても満足しています。それ以外にもデザインやシステム開発など、情報大では12のコースがあるのでたくさんのことができる環境だと思います。12コースの中に自分がやってみたいことがあるのであれば、情報大はすばらしい環境だと思います。

Q.キャンパスで好きな場所は?

A.映像サークルの部室です。行くと友達がいるのでここにいることが多いですね。

Q.アルバイトは何をしていますか?

A.中華料理のレストランで働いています。

Q.長期の休みは何をしている?

A.夏休みは、学園祭の番組発表に向けて、サークルのメンバーとずっと撮影に出かけていました。

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。