グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



卒業生インタビューvol.9 住江 明奈さん(18期生)


ホーム >  学生生活 >  在学生&卒業生インタビュー >  卒業生インタビュー >  卒業生インタビューvol.9 住江 明奈さん(18期生)

好きなことを仕事にすれば、楽しく仕事を続けられる
三井住友銀行 システム統括部
住江 明奈さん

Q.現在の仕事について教えてください。

大学卒業後、三井住友銀行に入行し、入行してからずっとシステム統括部というところで仕事をしています。
具体的には、投資管理事務という仕事で、会社の資金運用に関わる数値を管理したり、決算資料の作成に関わったりしています。180名ほど所属している部署で、20人ほどのチームに分かれて仕事をしています。

高校生の頃からあこがれていた金融業界を選択しました。

Q.現在の仕事を選んだきっかけを教えてください。

高校生の頃から、金融機関で働きたいと思っていました。
思い返せば、子供の頃から貯金が趣味でした。厳しい家庭だったので、お小遣いは一切もらえず、収入源は年に1度のお年玉と、お皿洗いなど、家庭内の仕事をしてもらえるお金だけでした。
そこでお年玉を12分割し、1か月に使える額を算出して、それにお手伝いで得た金額を足し、計画的に使っていました。また、その中から少しでも貯金をすることを心掛けていました。そうやってお金を管理していくうちに、お金を扱ったり、貯める楽しさに気が付き、将来的にもお金を動かす仕事につきたい、と思い始めました。

Q.大学の選択も仕事を視野に入れていたのでしょうか。

東京情報大学には指定校推薦で入学したのですが、金融、会計の分野が学べることが選択の決め手になりました。

大学で得た知識が今の仕事に直接役立っています。

Q.入学してみて、いかがでしたか。

金融だけでなく、マーケティング、経済、コンピュータなどについても学ぶことができました。今の仕事に一番役立っているのが、エクセルの技術ですね。
大学に入学した時には全くパソコンが使えなかったのですが、大学でかなりみっちりとパソコンスキルを鍛えてもらい、できるようになりました。今の仕事はエクセルを使うことが多いのですが、色々な関数を使うことで仕事の効率が上がり、かなり役立っています。また、大学では簿記の授業もあり、貸借対照表の見方など、社会に出てから役立つ知識を学ぶことができたのも良かったです。就職してから簿記の資格を取ったのですが、大学の時に基礎を学べていたことが役立ちました。学科内の女子の人数は1割程度でしたが、それについて困ったことはありませんでしたね。クラブやサークル活動はしておらず、高校生の頃からのアルバイトを続けていました。

Q.就職活動について教えてください。

大学3年生の秋から就職活動を始めました。金融関係の仕事を目指すことは決めていたので、関係するセミナーには積極的に参加しました。エントリーは100社ほど、その中で実際に60社ほどを受け、第一志望のメガバンクに向けて準備を進めていきました。
その中で今の会社を選んだのは、女性の活躍を支援してくれる環境が整っていたからです。たとえば、育児休暇は子どもが1歳になるまで取れますし、復帰後、時短勤務を子供が小学生になるまで選択することが可能です。フルタイム勤務に復帰しても、小学生入学のタイミングでまた時短勤務に戻るなど、フレキシブルに対応してもらえます。また、子育て中の女性は有給休暇を10日多く取ることが可能です。先輩達を見ていても、出産を機に退職する方はほとんどいませんね。

Q.現在2歳半のお子様がいらっしゃるということですが、子育てで大変と感じることはありますか。

現在は8:40~17:10のフルタイム勤務で、残業をすることもありますが、保育園のお迎えに間に合うように退社しています。フルタイム勤務なので、子どもが生まれても仕事環境はあまり変わらないのですが、子どもの病気などで急に仕事を休まなければならないこともあるので、期限が比較的長い仕事を任せてもらっています。
子どものために休みを取ったり、早退することについて、寛容な職場環境ですので、子どもがいても働きやすいといえますね。

Q.現在の仕事のやりがいと、今後やってみたいことについて教えてください。

現在の仕事は、私が好きな金融という分野で、現在の自分に合った働き方ができているため、後悔はしていませんし、充実していると思います。数字を扱う仕事ですし、私の出した数字が決算書に載りますので責任も感じますが、その分、数字がぴったりと合った時にはうれしく、やりがいを感じますね。子育てが一段落したら、もう少し急ぎの仕事への対応や、より重要な仕事を担当するようになりたいです。

夢に向かってチャレンジし、実現してください。

Q.最後に、高校生、大学生へのメッセージをお願いします。

私は大学では学生生活を楽しみながらも、自分の目標や夢にしっかりと向き合い、やるべきことはやってきました。
将来の目標がはっきりしていれば、それに向けて努力することができますし、自分が好きなことを仕事にすれば、楽しく働けると思います。
みなさんも、自分のやりたいことを見つけて、それに向けて勉強し、努力を積み重ね、夢を実現してください。就職活動にもぜひ積極的にチャレンジしてください。