グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



創立30周年記念シンポジウム


ホーム >  社会貢献・公開講座 >  創立30周年記念シンポジウム

TUIS 30th ANNIVERSARY

日 程:平成29年11月23日(木・祝日)
会 場:東京情報大学4号館総合情報センター・メディアホール
    (千葉市若葉区御成台4-1)
参加費:無料 ※事前申込制(定員:150名)
主 催:東京情報大学


<スケジュール>
 12:30 開場(受付開始)
 13:00 開会
 13:15 第1部(総合情報学部)開始
     「地域から日本の社会・経済を元気にする ~情報創造の時代への提言~」
      演者:村口和孝 氏(株式会社日本テクノロジーベンチャーパートナーズ 代表取締役)
         藤野英人 氏(レオス・キャピタルワークス株式会社 代表取締役社長)
 14:45 休憩
 15:00 第2部(看護学部)開始
     「まちと歩む まちとともに育つ ~新時代の訪問看護ステーション~」
      演者:秋山正子 氏(特定非営利活動法人maggie’s tokyo 共同代表理事)
 16:30 閉会
【第1部/概要】
地域創生が叫ばれながらも中央集権的な政府の規制と産業構造は日本の経済運営に強い影響を及ぼし、地域経済の活性化は遅々と進んでいません。例えばフィンテックを始めとする情報分野においても、アメリカやイギリスは「金融の民主化」という観点で普及しているのに対して、日本では「金融資産の管理」に主眼が置かれています。情報化の進展は個人や地域における新たな社会創造の好機となり得ますが、一方で個人や地域社会を新しい統制システムに組み入れる装置としても機能し得ます。そこで本シンポジウムでは、情報創造の時代への提言として未来に向けた情報のあり方について地域社会の観点から議論します。
【第1部/演者】

村口和孝 氏 (株式会社日本テクノロジーベンチャーパートナーズ 代表取締役)
 慶應義塾大学経済学部卒業。日本を代表するベンチャーキャピタリストの一人。独立系ベンチャーキャピタルの草分け的存在である日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(NTVP)の代表。「ふるさと納税」制度の提唱者としても知られる。
 なお、NTVPは東京情報大学が地域連携として千葉市及び四街道市と手掛ける『プロジェクト千葉・四街道』における「子供向けのアントレプレナーシップ教育講座」の協力機関。

藤野英人 氏 (レオス・キャピタルワークス株式会社 代表取締役社長)
 早稲田大学法学部卒業。レオス・キャピタルワークス株式会社の創業者の一人。中小型・成長株の運用経験が長く、ファンドマネージャーとして25年超の経験と卓越した運用成績を持ち、世界の機関投資家からも注目される。
 なお、藤野氏は東京情報大学の千葉ステーションキャンパス設立に際して本学の千葉市地域連携アドバイザーを務め、本学と千葉市との地域連携協定の構築に向けて尽力。
【第2部/概要】
在宅ケアの第一人者として訪問看護を始めた秋山正子氏に、まちと歩み、まちとともに育ち、地域ケアの未来を切り拓いていく、「新時代の訪問看護ステーション」について語っていただきます。
まちの人々の声に耳を傾け、何が必要か一緒に探し、今なければ創り出していこうとした秋山氏の経験の中に、「お互いがささえる・ささえられる」が循環する地域社会を作っていくヒントが得られるでしょう。
【第2部/演者】

秋山正子 氏(特定非営利活動法人maggie’s tokyo 共同代表理事)
 聖路加看護大学卒業。1992年より東京都新宿区で訪問看護に携わり、2001年に株式会社ケアーズを設立。白十字訪問看護ステーション・白十字ヘルパーステーション統括所長。30年後の医療を考える会会長、NPO法人白十字在宅ボランティアの会理事長。2010年NHK『プロフェッショナル仕事の流儀』に取り上げられる。2011年に開設した「暮らしの保健室」は2012年第6回「新しい医療のかたち」賞受賞。2015年四谷坂町に看護小規模多機能型居宅介護「坂町モミザの家」開設。2016年特定非営利活動法人maggie’s tokyoの共同代表として江東区豊洲に「マギーズ東京」開設。
 主な著書に『つながる・ささえる・つくりだす 在宅現場の地域包括ケア』『在宅ケアの不思議な力』『在宅ケアのつながる力』『在宅ケアの育む力』(医学書院)など多数。

お問い合わせ・お申し込み

メール:件名を「創立30周年記念シンポジウム申込み」、本文に「氏名」「電話番号」「申し込み希望の講座(両方、第一部のみ、第二部のみ)」を明記の上、下記宛先へお送りください。
電 話:「申込者氏名」「電話番号」「申し込み希望の講座(両方、第一部のみ、第二部のみ)」をご連絡ください。
なお、お預かりした個人情報は、「個人情報保護に関する法律」並びに「学校法人個人情報保護に関する規程」に基づいて適切に取り扱い、本講座の連絡以外の用途には使用しません。

東京情報大学・創立30周年記念実行委員会

創立30周年記念プレシンポジウム (事前申込不要)

総合情報学部(全3回)

日時:10月29日(日)13:00~14:30
会場:4号館メディアホール
「IoT/AI時代のICTを支えるセキュリティ技術」
基調講演:『終わりなきセキュリティ ~実社会とサイバーセキュリティ状況~』
  演者:本川祐治 氏(株式会社日立システムズ 統括理事 ICTインフラサービス事業グループ 技師長)
パネル討論:『IoT/AI時代のICTを支えるセキュリティ技術について』
パネリスト:本川祐治 氏、東京情報大学総合情報学部 布広永示教授、永井保夫教授、花田真樹准教授、朴鍾杰准教授

日時:11月11日(土)13:00~14:30
会場:4号館メディアホール
基調講演:『時空を超えた世界を創造する-コンピューターグラフィックスを支えるモデリングの世界 -』
  演者:帆足剛彦 氏(株式会社studio picapixels 代表取締役)

日時:11月18日(土)13:00~15:00
会場:4号館メディアホール
「データサイエンスの実践と実現ツール」
基調講演:『データサイエンスの今を考える』
  演者:里洋平 氏(DATUM STUDIO株式会社 取締役CAO)
特別講演:『データサイエンスとソフトウェア』
  演者:畠慎一郎 氏(アドバンスト・アナリティクス株式会社 代表執行役社長)
     森義博 氏(マイボイスコム株式会社 企画営業グループ第3チーム 技術マネージャー)

看護学部(全3回)

日時:9月23日(土)13:00~14:00 ※オープンキャンパス開催
会場:4号館メディアホール
演題:「地域ケアを変える テレナーシング」
講師:川口孝泰 教授(遠隔看護実践研究センター長)

日時:10月22日(日)13:00~14:30 ※翔風祭(学園祭)開催
会場:9号館 1階 デモンストレーション室
演題:「障がいと共に街で暮らす~訪問看護ステーション利用者へのインタビュー~」
司会:西村あをい 教授
   訪問看護ステーション利用者
概要:訪問看護は在宅高齢者のためだけにあるのではなく、在宅で長期療養する持つ子どもにも適用できます。
   稲毛駅前訪問看護ステーションを利用する子どもの母親が語る話から、障がいと共に街で暮らす意味を考えてみましょう。

日時:11月5日(日)13:00~14:00 ※若葉区民まつり開催
会場:4号館メディアホール
演題:「情報を生かしてまちで暮らす~住民の健康づくりとテレナーシング~」
講師:川口孝泰 教授(遠隔看護実践研究センター長)