グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



映像・音響コース


ホーム >  学部・大学院 >  学びの分野(12コース) >  映像・音響コース

映像・音響メディアの特性、技術、番組制作の実際を学び、
さらにメディアが人や社会に与える影響について理解する。
本格的なスタジオ・調整室、撮影・編集機材、音響調整室などを活用して、番組制作を実践します。

映像制作では、ドラマ、PV、アニメ、CMなどの他、地域に密着したドキュメンタリー番組を制作。問題意識を高めると同時に、制作現場で求められるコミュニケーション能力やチームワークを養います。
音響では、音をメディアで活用するための技術や手法を研究。さらに音質を聴き分けるセンスや感性も磨きます。

習得知識・技術 撮影照明技術、ノンリニア編集技術、シナリオ・構成論、ジャーナリズム、サウンドデザイン、音響学、放送論など

class007.jpg

映像・音響コースの学びについてご紹介します。


career007.jpg

映像・音響コースで目指せる職種・取得可能な資格をご案内します。


teacher_ph.jpg

映像・音響コースの教員をご紹介します。


curriculum_ph.jpg

映像・音響コースの専門教育カリキュラムをご案内します。