グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ






授業紹介・特色

Pickup 授業

地域構想演習

「恐竜展」における学術展示

よりよい地域づくりにチャレンジ
地域の資源(文化、歴史、観光、産業など)やコミュニティ活動を再発見し、それぞれの問題解決のために何ができるかを現地調査を通して考え、実行していきます。

社会調査法

千葉市若葉区における高齢化対策地域予測

効果的なデータ収集法とは?
アンケートを行う際にも対象や設問の検討など専門的知識が必要です。
Web調査の設計方法から統計解析の手法まで、実践を通して学ぶことができます。

Pickup 研究

地域の安全・安心を科学する

千葉県は、九十九里浜の美しい海岸線と豊富な海の資源をもちます。南房総には菜の花が咲き、佐原には花菖蒲が一斉に咲き乱れる食と花の千葉県です。しかし、1703年12月31日(元禄16年)に発生した元禄地震に代表されるように、千葉県の三方は海に囲まれ、地震に伴う大きな津波の被害を受けてきました。
人間の生存・発展にとって、『飢え』と『寒さ』、『外敵』及び『災害』は大きな障害で、親から子へと、この脅威を克服して、衣食住を中心とした社会の安全・安心を常に図り、自然の恵みを享受してきました。
社会を取り巻く、食、情報、製品の安全のあり方を学び、危機管理アドバイザーとしての能力を高めていきます。

特色ある学び

協働プロジェクトでセキュリティを守る

あいよ農場

セキュリティといっても、防犯、個人情報保護などアプローチはさまざま。その中で最近注目されているのが「食」の安全です。
千葉県東金市にある「あいよ農場」は、情報大の母体である東京農業大学出身の若者たちが運営。有機無農薬栽培に取り組んでいます。
他大学の若者、地域や企業の方々ともコラボしたプロジェクトを構想しています。

プロジェクト研究

未来の情報社会を創る先進の研究
プロジェクト研究では、企業や組織の中で多様な人々とともに仕事を行っていくうえで必要である社会人基礎力を身に付け、自律的・主体的に学習する意欲を引き出す人材を養成することを目指します。

ちば地域構想コースも参加予定のプロジェクトはこちら