グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



起業・商品開発コース




何を、どう売るか。企業や地域と連携し、
新しい発想による経営学、マーケティングを学ぶ。
経営学やマーケティングの理論を理解するだけでなく、それを「どう活かすか」ということに重点を置いた学びが特徴。
企業や地域と連携したプロジェクトなどを通して、調査・統計から商品開発、販売戦略までの流れをリアルに学びます。

ブログからヒット商品が生まれる時代。ビジネスに必須の情報ツールについて専門的に学べることも情報大ならではの強みです。

習得知識・技術 経営学、マーケティング、OR、プロジェクトマネジメント、コーチング、リーダーシップ論、知的財産権、リスクマネジメントなど

授業紹介・特色

Pickup 授業

経営管理論
企業の「いま」を知り、将来を考える!
ニュース報道で取り上げられたり、日常生活で製品を使っている企業が主な題材です。消費者が求めていることにどう応え、さらに前進しようとしているか、「自分が経営者ならばどうするか」の視点で考えます。

特別講義
企業トップ、行政の生の声に触れる
キャンパスだけでなく社会とつながる学びがコンセプト。
ゲスト講師による特別講義や企業実習・見学など現場に触れる機会が豊富にあります。

Pickup 研究

情報大の地元商店街の活性化プロジェクト
千城台銀座通り商店街にある、街なかステーション「はこいち」。
商店街や地域の人々と連携して企画・運営に携わっています。プロジェクトを展開するにあたり、空き店舗を活用して地域を活性化するにはどうすればいいか、ニーズやリソース(資源)を探るためアンケート調査を実施。
この結果、千城台には元気な高齢者が多く、趣味でモノづくりを楽しんでいることがわかりました。
そんな方々の力作を自由に展示したり販売したりする場を設け、交流の輪を広げていこうというコンセプトで「はこいち」は誕生しました。棚ショップというユニークなやり方で、アクセサリーや雑貨、洋服や小物から、人形、陶芸まで出展されています。


街なかステーション「はこいち」
千城台銀座通り商店街の空き店舗を利用し、地域の人々と連携して運営しています。

特色ある学び

プリンやヨーグルト。お客様目線で商品を開発・提案。
古谷乳業(株)との産学連携プロジェクトは、顧客層が求めていることや既存商品の調査を踏まえて提案。通年でのインターンシップとしても機能しています。
この取組みは経済紙「フジ・サンケイビジネスアイ」の「21世紀の大学力シリーズ」や「千葉日報」の記事に取り上げられました。
構想から調査・企画書作成・プレゼンテーションまで商品開発提案の流れを体得し、チームで作りあげます。

プロジェクト研究

未来の情報社会を創る先進の研究
プロジェクト研究では、企業や組織の中で多様な人々とともに仕事を行っていくうえで必要である社会人基礎力を身に付け、自律的・主体的に学習する意欲を引き出す人材を養成することを目指します。

起業・商品開発コースも参加予定のプロジェクトはこちら

目指す資格・進路

目指す資格

ビジネス能力検定(B検) 販売士検定 ITパスポート試験
中小企業診断士 カラーコーディネーター 高校教諭一種免許(情報)
旅行業務取扱管理者(総合、国内) 消費者生活アドバイザー ほか

目指す職種・進路

営業 起業 消費生活アドバイザー
販売 ベンチャー企業 総合職など
企画 家業後継者 ほか

教員紹介

氏名 研究テーマ
池田 幸代 Yukiyo Ikeda 企業における組織アイデンティティと競争優位性の獲得
岩本 俊彦 Toshihiko Iwamoto ツーリズム(観光・旅行)マーケティングにおける観光資源の開発管理
中尾 宏 Hiroshi Nakao 知的財産としての環境CSRとビジネスモデルの研究
樋口 大輔 Daisuke Higuchi 優れた成果を生み出す企業と、その経営戦略に関する研究
栁田 純子 Junko Yanagida 青年期の自己形成に関する研究(商品開発やキャリア発達の事例研究)
吉澤 康介 Kousuke Yoshizawa 経営・経済・社会分野における複雑ネットワークの研究

Professor’s Room

樋口 大輔先生(神奈川県出身)
株式取引からアウトドアまで面白いと思うことは何でも挑戦
勉強よりプログラミングが好きだったPC少年。でも、技術者より使う立場で活躍したいと考え経営学の道へ。一見クールに見えますが、実はアクティブなんです。
株式取引は自宅にトレーディングルームを作るほど本格的。
ゼミ合宿では、パラグライダーやラフティングにも挑戦。面白いことをとことん追求しています。

[趣味・特技]
研究室の学生たちと韓国に行ったり、日本一(高さが)高いホテルに行ったり。僕の興味に学生を付き合わせているかも!?
[私の自慢]
体一つで滝壺に飛び込んだこと。

ゼミ生とキャニオニング体験

カリキュラム

起業・商品開発コース
専門教育科目(コース別推奨科目・準推奨科目)
共通 内容 年次
総合情報学概論I 総合情報学部で学ぶさまざまな科目の導入として、情報の本質やそれが社会においてどのようなかたちで我々の生活や文化、企業活動などに関連しているかを概説する。人間集団としての社会およびそこで行なわれるコミュニケーションを情報という観点でとらえ、情報技術(IT)の発達によってもたらされたコミュニケーションのあり方の変遷をたどり、未来への展望を示す。 1
総合情報学概論II 総合情報学概論Iを受けて、学科の12のコースでの学びをオムニバス形式で紹介し、本学における学びの全体像を示す。コンピュータやインターネットをはじめとする情報ネットワークなど社会の基盤システム、情報の媒体としてのメディアの役割、受け手である人間の心理的側面、そしてビジネスや環境分野への展開などに触れながら、本学での学びの連関図を受講者自らが描けることを目標とする。 1
プロジェクト研究 学生の興味のある知識や技術を複合的に習得すると共に、企業や組織の中で多様な人々とともに仕事を行っていくうえで必要である社会人基礎力を身につける。これにより、学生が自律的・主体的に学習する意欲を引き出す人材を養成する。 3
卒業論文 4年次において、3年次に実施したプロジェクト研究を通して幅広い思考能力や応用能力を身に付けるとともに、プロジェクト研究の成果を卒業論文として纏める。
少人数演習形式で、各コースの教員のもとで、研究をおこない、必要な専門知識や社会人として要求される総合力を身に付ける。卒業論文でおこなった研究内容を各コースや関連教員が主催する卒業論文発表会において発表し、質疑応答を体験する。
4
システム系科目 内容 年次
IT基礎技術論 IT パスポート試験は情報処理技術者試験のレベル1の国家試験である。
内容は企業等で働く人が持つべきIT基礎知識を問うものであり、ステラテジ系(戦略)、マネジメント系(管理),テクノロジ系(技術)の3つの分野から、基本的知識につき、幅広く出題される。
本科目では、IT パスポート試験向けの模擬試験等を通して,テクノロジ系(技術)の知識を習得する。 併せて、IT パスポート資格の取得を目指す。
また、IT パスポートと同等以上の資格を既に持っている学生に対しては、より上位の資格である基本情報技術者資格、応用情報技術者資格を目指すための学習を行う。
1
データベース論 Webシステムやオンライントランザクションシステムなど多くのシステムでデータベースが使用されている。ここでは、リレーショナルデータベースを中心に、データベースの設計、アクセス方法、障害処理、について理解する。 2
ゲームデザイン ゲームはプレイヤーのモチベーションを発生・持続させる性質を持ち、プレイヤーに自ら努力させ、技術を磨かせて、目標に達成させることによって、達成感・充実感を提供する構造を持つ。また、プレイヤーどうしのコミュニケーションを促進する効果も持つ。このような効果が、ゲーム内のどのような要素から生まれるのかを分析し、どのようにデザインすれば優れたゲームを作成できるのか、その方法を学習する。具体的な観点としては、ゲーム理論、有限資源のマネージメント、トレードオフ、競合関係、推測、努力と報酬などを扱う。 3
環境系科目 内容 年次
情報セキュリティ概論 将来の情報セキュリティ技術者の育成のための、情報キュリティの概念について学ぶ。リスクとリスクコントロール、インシデントの概念を理解し、情報セキュリティ上の対策について習得する。 1
環境情報論 地球環境を把握するための、観測技術の原理、観測技術の応用手法、観測と観測データの実態を論ずる。これらの観測技術によって観測された世界各地の具体的な現象を例にとり、人間の社会活動がどのように地球環境へ影響を及ぼしてきたか、そして、その解決に情報技術がどのように適用されるかについて考察する。 2
個人情報保護論 個人情報の有用性に配慮しつつ、如何に個人情報を保護するかについて論じる。
今後、益々、共通番号制度の導入などにより、個人情報の有用性は増大するが、一方で、個人情報の安全性の確保が重要となる。
そこで、本講では、個人情報保護の情報システムの全体像に触れながら、個人情報の安全管理措置について解説する。
2
地域資源論 戦後、文化遺産保護の制度が国際社会や日本国内でも整えられてきたこと、またそのなかで遺産の概念が変化してきていることをふまえて、文化遺産保護とまちづくりとの関係について概説する。それぞれの地域の歴史的遺産について、建物や遺跡のような形あるものだけではなく、それらと密接な関係を持って存在した祭礼、芸能、技能、習慣なども紹介しながら歴史と文化の認識を深め、さらにそれらの保全と観光資源としての活用への取り組みについて検討する。 2
社会調査法 実際の社会的問題意識に基づいて調査設計を行い、収集したデータに対しコンピュータによる集計・解析を実施する。社会調査の意義を理論・実習の両面から正確に理解する。 3
データマイニング 大量のデータから規則を導き出すデータマイニングについて、具体的な方法論を学習する。また、実際のビジネスの現場における活用について考える。 3
マネジメント系科目 内容 年次
基礎会計論 基礎会計論は会計の基礎となる複式簿記について学習する科目である。複式簿記は企業の活動内容を記録・理解するうえで不可欠の技術である。ところが、現代の企業が実際に用いている複式簿記にはさまざまな独特の考え方が盛り込まれている。たとえば、簿記上の「資産」は一般に言う「財産」とは異なるし、現金の収入・支出がそのまま簿記上の「収益」や「費用」になるわけではない。そしてコンピュータを用いた高度な経理システムも、それらの複式簿記の基本的な考え方の上に構築されている。こうした特徴に着目して講義する。 1
マーケティング論 初めてマーケティングを学ぶ学生を対象とする。マーケティングの定義と機能、マーケティング固有の専門用語や独自の視座など、基本的な内容について分かりやすく解説する。
この市場における製品やサービスをめぐるセグメンテーションやディファレンシエーション、ブランド化などについて理解を深めることがこの講義の狙いである。
1
経営学概論 経営学の基本的なフレームワークについて講義する。経営学の関心は、企業活動にまつわるあらゆるトピックに及び非常に多岐にわたるが、本講義では、経営学を理解するための土台づくりに重点を置き、基本的な考え方や用語を具体的な事例を交えながら解説を加えていく。 1
経営組織論 本講義では、マクロの視点から、企業や行政組織、非営利組織などの組織と、それを取り巻く環境との間で繰り広げられるインタラクションに注目する。特定の環境下で組織はどのように環境の認知を行い、意思決定をし、また意思決定を実行する組織を構築するか、ということに関する一連の理論について学ぶ。また組織が積極的に環境に影響を与える存在としての側面についても理解する。 2
消費生活論 企業がきびしい競争環境で効果的なマーケティングを展開するためには市場における消費者の行動を理解することが大切である。本講義では消費者の欲求、消費者による情報の取得、消費者の意思決定、消費者満足の形成等がどのようになされているかについての理論やモデルを幅広く取り上げ解説、消費者の視点からの関連する諸問題の解決に向けた取り組みについて述べていく。 2
財務会計論 財務会計論は企業が株主や債権者のために、その経理内容を公表する財務諸表を作成する際の原則を学ぶ。一般人に入手可能な財務諸表は上場会社の「有価証券報告書」であり、その作成システムや作成ルールについて学習する。
講義と並行させながら、膨大な上場会社のなかから、人気のある会社の有価証券報告書を日本経済新聞社の財務データベース「Nikkei NEEDS」から選び、学生諸君のPC上で会計情報として活用する。1年次に学習したコンピュータ・リテラシーの技を使って、PC上で財務分析(会計情報・会社情報・証券価格などの比較分析)について学習する。
2
経営管理論 ICTやグローバル化の進展のもとでビジネスを展開している経営組織のマネジメントの現状及び将来の経営課題の解決策の検討に向けて、主要理論の理解とその応用力を高めることをめざす。経営管理の主要理論をより理解し、実際の経営事例の検討に応用するための当事者意識の醸成もめざす。 2
会計情報論 会計の目的を具体的に考え、会計情報を活用する方法を学ぶ。簿記は会計情報を作るために行われる。したがって、作り出された会計情報を利用できなければ、簿記を勉強する意味も半減してしまう。会計ソフトを活用して会計情報の作成方法について実習する。 2
流通情報論 流通業界においてもネットビジネスが進展しているが、特に、2000年代には、多方面で情報化が進んだ。本講義では、小売業でのPOS、卸売業でのEOS、日用雑貨品や加工食品分野でのECR、さらには衣料品・アパレル分野でのQRなど、流通業において進展する情報化の意義を明らかにする。 2
マーケティング戦略論 今日の企業活動においてマーケティングの果たす役割はますます大きくなってきている。日本経済の停滞や市場のグローバル化などの要因によって、企業間の競争が激しさを増していることなどが、その背景にある。このため、マーケティング戦略の基本的なスタンスを整理した上で、先進的な事例を紹介しながらマーケティング戦略構築のプロセス、カッティング・エッジを説明する。 3
経営戦略論 経営戦略論の基礎から応用まで通した議論を行う。今日の企業が直面する戦略上な課題は多岐にわたり、さまざまな切り口による研究が行われている。それらの中から特徴的な事例を複数取り上げ、経営戦略に関する理解を深めていく。さらに、事例についての体系化、一般化、概念化を行う。 3
プロジェクトマネジメント 経済環境の変化が加速化する現在、社会のいたるところでプロジェクトによる活動が増加している。前半ではプロジェクトという活動の特徴と、それをマネジメントする際の基礎的知識を体系的に学ぶ。後半では情報システム開発プロジェクトの特徴とマネジメントの勘所についてデータベース構築などの事例を使いながら解説し、初歩的な情報システムの設計と管理を学ぶ。 3
ベンチャービジネス論 ベンチャー企業の効率的な成長を促す戦略を、企業のメカニズム、発展段階別マネジメントのあり方、資金調達の導入、株式公開といった観点から確立することを目指す。なお、具体的なケーススタディ(成長を遂げた企業の成功事例や、一方で成長機会を捉えることに出来なかった失敗事例)を通してベンチャー企業が成功する鍵について考察する。 3
会社法a 「会社」とそれに係わる「法」すなわち、会社の組織・運営・管理等を規律する基本である「会社法」およびその関連法規の基礎的知識を講ずる。会社法の範囲は979条の条文から成り、またその関連法規も存在する等かなりのボリュウムがある。本講義では、会社の設立、株主と株式,機関の一部を対象とする。 3
人的資源論 経営資源のなかの「人」に焦点をあて、この領域の主要理論と「個人・仕事・社会(組織)」の三者関係の動向を検討する。顧客ニーズの多様化、ICTやグローバル化の進展などの影響で経営環境が変化するに伴い、「人的資源管理」の発想が新たに生まれてきた。講義では受講者の調査学習の機会も取り入れ、双方向型の授業を通して受講者の問題意識の醸成につなげる。 3
Webマーケティング論 近代社会においてコンピューターとネットワークの登場は、社会の情報化に多大な影響を与えてきた。その歴史的経過から情報化が及ぼす社会的影響について学習する。また新しい市場調査手法であるWebマーケティングを教材として情報化社会における新しい経済のあり方を考察する。さらに、情報化社会における著作権等の知的所有権と情報モラルの意義、そして必要な知識(例えば、通信ネットワーク、コミュニケーションなど)について学ぶ。 3
リーガルリスクマネジメント論 情報社会では社会が、企業へ求めるものも変容しつつある。現代の企業にはコンプライアンス(法令遵守)経営、すなわち社会規範に則った経営と社会規範に則った営業活動をなす企業であることが求められている。本講義では、企業における組織リスク、取引リスクを中心に予防法学の視点から実学としてのリスク管理を考察する。 3
経営情報システム論 重要な経営資源としての情報について解説し、企業活動における経営情報システムの位置付けと概要を総合的に解説する。前半は、経営資源としての情報資源の概念とその測定、評価、管理手法について概説。後半は、ビジネスモデルの成功事例やERPシステムを題材に事例研究を行うことにより基幹業務システムとの関連を含めて経営情報システムについて総合的に解説する。 3
メディア系科目 内容 年次
コミュニケーション論 コミュニケーションという概念は、広範で様々な意味で用いられる日常的な概念である。けれども、それがゆえ、その理解が曖昧になっているのも事実でもある。本講義は、そのようなコミュニケーションについてその本質的な分析を行い、あらためて、コミュニケーションを考察したい。その上でコミュニケーションにまつわる問題を具体的な事例を通して考察する。 2
マスメディア論 マス・メディアの組織、過程・作用、政治社会現象との関係などを検討素材にして、マス・メディアに対する見方・考え方の確立をめざす。コミュニケーションの「受け手」、「送り手」の枠組みをもとに、それらとメディアとの関連をふまえて、マス・メディアの諸相を明らかにする。 2
社会心理学 メディアからの情報がどのように私たちに影響を与えるのか。そのメカニズムを人のこころの動きから明らかにしていこうとするのが、メディア・コミュニケーションにおける社会心理学的考察である。そのひとつのとして、「世論」(よろん・せろん)を取り上げ、その働きを考える。講義前半は、世論研究の概論、講義後半は新聞の政治漫画の分析を通じた世論の姿を明らかにする。 2
異文化コミュニケーション論 多国籍化・多文化化が進む今日の社会においては、お互いを尊重しながら良好な関係を築くためのコミュニケーションが欠かせない。この講義では、国、地域、言語、ジェンダー、世代など「異文化性」を感じる相手とのコミュニケーション全般を対象とする。まず自分の文化を認識することから始め、文化とコミュニケーションの関係性を多様な視点から考える。文化背景の異なる人々と接触し関係を築く過程でどんなことが起こるのかを具体的事例から学び,異文化コミュニケーションに必要な柔軟で積極的な態度と方法を身につける。 3
放送メディア論 実際に番組を視聴しつつ、「公共」のために番組を制作し、「公共」に奉仕するという社会的使命を帯びて成立した現在の放送事業が抱える問題を明らかにする。また、放送局同士の、また各種メディアの発展にともなう激しい生存競争の渦中で生じてきた、視聴率や話題性重視、速報性やマジョリティの視点への傾斜、国家や政府との関係などの問題を考察する。 3