グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



キャリアデザイン科目



科目名 内容 年次
情報社会と職業 本学の「総合的キャリア教育」の一環として、将来の進路選択に向けて「社会を知る」ことに重点を置いて授業を進める。この講義は、現在の社会情勢やさまざまな業種の実情を理解するために、社会で活躍している企業人、新卒採用にあたる人事担当者など幅広く外部から講師を招く。オムニバス形式で展開する講義により多彩なキャリアパスにふれ、履修者個々が将来に向けての職業観を醸成することを主眼とする。 2
キャリアデザインa 本学の「総合的キャリア教育」の一環として、将来の進路選択に向けて「自分を知る」ことに重点を置いて授業を進める。自分の進路を主体的に選択し、その実現に向けて行動する積極性が重要になる。授業の主要な目的は、以下の4点である。(1)進路選択のための知識・情報を得る。(2)就職活動全体の流れを理解する。(3)自己分析の基礎を学ぶ。(4)就職活動に主体的に取組む意識を高める。 2
キャリアデザインb 本学の「総合的キャリア教育」の一環として、将来の職業選択に向けて「社会と自分をつなげる」ことに重点を置いて授業を進める。自分の職業を主体的に選択し、その実現に向けて行動する積極性が重要になる。授業の主要な目的は、次の2点である。(1)社会および企業が求める人材の基礎的能力を実践的に理解し、それに必要な能力を体得する。(2)企業等が求める人材を判断する就職試験を意識して、必要な能力を高める。 3
インターンシップ この「インターンシップ」では、単に学生に就業体験させるだけでなく、「マナー講座」、「発表会」、「報告書作成」などの事前事後のフォローアップを通じて、「職業観の育成」「キャリアデザインの構築」「専門教育へのフィードバック」などへの展開を目指すことにしている。当取り組みは、本学の「キャリア支援」に貢献するプログラムのひとつでもある。 3
ITキャリア基礎 社会人として必要な基礎力であるシステム実現力や問題解決能力、論理的思考力などの汎用的技能を身につけるため、ロジカルシンキングなどのパーソナルスキルを養うことを目的とする。 2