グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



看護学部看護学科(2017年4月開設)


ホーム >  学部・大学院 >  看護学部看護学科(2017年4月開設)

「看護」×「情報」=今、時代が求める看護師に


看護学部設置責任者挨拶

東京情報大学看護学部設置責任者 加納佳代子

「看護」と「情報」を融合し、
これからの地域ケア・医療を支える人づくり

ナイチンゲールはクリミア戦争で傷ついた若者が亡くなる原因が、敵襲ではなく衛生状態の悪さにあることを知り、データを駆使し政治家を説得。これは150年前の「看護と情報」の融合です。彼女は情報を活用し、情報を発信し、当時の衛生観念と保健政策を変えました。
少子超高齢・情報社会が急速に進展する現在、医療は病院完結型から地域包括ケアシステムの構築へとシフトしています。そのような状況下において、人々の健康を護る看護職には、これまで以上に情報活用・発信力が求められます。
東京情報大学の設置母体である学校法人東京農業大学は、明治の英傑榎本武揚によって創設され、「実学」を重んじる大学として発展してきました。そして本学は、榎本のパイオニア精神を継承した「未来を切り拓く」を建学の精神、「現代実学主義」を教育理念として1988年に開学し、現在も情報社会の変化に対応できる人材を育成しています。

さらに本学は、2017年4月看護学部を開設し、少子超高齢・情報社会の未来を切り拓く看護師の育成をスタートさせます。教育理念のキーワードを「自律と共創」とし、「看護と情報」を融合した教育で、「たくましい看護師」を育てることをお約束します。


資料請求

デジタルパンフレット


kango2_2.jpg

育成する人材像・カリキュラム、実習先や学びの環境などのご案内です。



department028.jpg

看護学部の2017年度(平成29年度)入試日程や入試方式のご案内です。