グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



授業ピックアップ



キャリアデザインとケア

本学の象徴科目として、1年次から4年次まで授業が展開され、看護職としての自身のキャリアを描いていきます。

1年次の「キャリアデザインとケアI」では、看護師としての職業意識を形成し自律性を養い、「たくましい看護師」への歩み方を学びます。
「読む」「書く」「伝える」といった基本的なコミュニケーションを習得し、社会で活躍する看護師を招き、「たくましい看護師」像について考えます。
最後に、全員が訪問看護の現場に行き、地域で療養する方々や訪問看護師の働き方を観察しながら「観察スケッチ」に描き、プレゼンテーションし、キャリアデザインとケアについて考えたことをレポートにまとめていきます。

病院実習が始まる前の1年次に、訪問看護の現場へ行くことは、本学ならではのカリキュラムです。

キャリアデザインとケア写真1

キャリアデザインとケア写真2

協力:ケアプロ訪問看護ステーション東京

キャリアデザインとケア写真3

協力:ケアプロ訪問看護ステーション東京

看護とグローバルヘルス

グローバル社会における地域ケアについて、実際にカナダに短期留学して学ぶ科目です。

カナダ・オンタリオ州に所在するブロック大学と連携、大学キャンパスや周辺地域を舞台にして、
1.臨床実践英語の基礎、2.臨床トレーニング、3.地域のヘルスケア関連施設、4.在宅のチーム医療、などについてフィールド調査を交えながら学びを深めてゆきます。

約3週間の留学期間中、カナダ人家庭にホームステイすることで異文化交流もはかっていきます。

◆「看護とグローバルヘルス」に関する詳しい内容は、こちらのページをご覧ください

看護とグローバルヘルス写真1

看護とグローバルヘルス写真2

看護と情報

本学の象徴科目として、4年間で体系的に学んでいきます。

1年次の「看護と情報I」では、看護における「情報」とは何か、エビデンスをつくる・つかう・伝えるというヘルスケア情報の循環、保健医療・看護の現場での「情報」の扱い方、「情報」を扱う上で必要な倫理や患者の権利など、看護職としての情報活用力・情報発信力を身につけます。

また、株式会社日立システムズとの包括連携協定事業の一環として実施した「インターネット安全教室」では、本科目の履修学生も参加。インターネットの安全快適な使い方、情報セキュリティに関する基礎知識を学びました。

看護と情報写真1

情報リテラシー演習

「情報リテラシー演習」は、総合情報学部生と看護学部生がともに履修する必修科目の一つです。講義や演習を履修するうえで不可欠なコンピュータの技術を学んでいきます。

文書作成、表計算やグラフ作成、プレゼンテーション、インターネットを用いたコミュニケーションと情報収集・情報発信、画像・音声の利用と処理、コンピュータとネットワークの基本的な仕組みの理解など、コンピュータの基礎的素養を身につけます。

情報リテラシー演習写真1