グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



大学院のアドミッションポリシー


ホーム >  入試・イベント >  大学院入試 >  大学院のアドミッションポリシー


教育研究上の目的

情報学を中核として、情報技術とその応用による課題解決と研究開発を推進する「システム・サイエンス情報系列」、メディアと社会情報、組織体の管理や意思決定を主題とする「カルチャ・ビジネス情報系列」を柱にした多面的、総合的な研究を通じて、研究者と高度職業人を育成するとともに未来を切り拓く「総合情報学」の進展を目的とする。また、看護学部設置に伴い、少子高齢社会に対する課題解決として、新たに総合情報学に看護学部の教育を基礎とする「ヘルスケア情報」を研究フィールドとして取り込む。
学部学科の教育内容を発展的に継承した「システム・サイエンス情報」「カルチャ・ビジネス情報」の2系列から、研究科は構成され、以下のような人材の育成をめざしている。

システム・サイエンス情報系列

  1. 先進的な情報システムの構築、運用、導入等に関する研究開発能力と実践的な問題解決能力をもつ人材
  2. 環境情報技術を活用したシステムの構築・運用及び活用に関する研究開発能力と実践的な問題解決能力をもつ人材

カルチャ・ビジネス情報系列

  1. メディアや社会情報の本質的理解と手段等に関する研究開発能力と実践的な問題解決能力をもつ人材
  2. 組織体の総合的な管理や意思決定に関する研究能力と実践的な問題解決能力をもつ人材

博士前期課程においては、広い学識と基礎的な問題解決能力をもった人材の育成をめざすが、博士後期課程においては専門領域を基盤とした広範な情報分野での応用も含め、高度で複雑な問題への対応能力をもつ研究者・高度専門職業人の育成を目的としている。

大学院のアドミッションポリシー

各系列において示した以下の基礎学力を有し,明確な目的意識と探究心をもって研究を進めようとする意欲を持つ者の受け入れを行う

システム・サイエンス情報系列

  1. 先進的な情報システムの構築、運用、導入等に関する研究を進めるために必要となる基礎学力。
  2. 環境情報技術を活用したシステムの構築・運用及び活用に関する研究を進めるために必要となる基礎学力。

カルチャ・ビジネス情報系列

  1. メディアや社会情報の本質的理解と手段等に関する研究を進めるために必要となる基礎学力。
  2. 組織体の総合的な管理や意思決定に関する研究を進めるために必要となる基礎学力。