グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



質問・要望の回答集


ホーム >  図書館 >  学内者利用案内 >  質問・要望の回答集


本学OPACで探した図書が見当たらない。

まず一つは、「貸出中」ということが考えられます。それ以外に前の利用者がきちんと戻していない場合や、最悪の場合「紛失」ということも考えられます。スタッフにお尋ねください。

レポート課題について相談にのってもらえますか?

「こういう資料はないか」「どうやって資料を探せばよいか」等、課題を作成するうえで必要な資料の探し方については、ある程度アドバイスできますが、課題の処理や解答作成に直接影響するようなヒントはお伝えすることができません。

借りた本が紛失(汚損)してしまった。

センターにある図書は大学の財産として登録されています。きちんと登録された図書があるかないか、年に数回、会計監査によって第三の機関から厳しくチェックを受けています。
従って紛失時には、借りた人に弁償してもらうことがありますが、包み隠さず、スタッフまで申し出てください。

パソコンのことで質問したい。

簡単な操作方法であれば、お答えする場合もありますが、基本的には教員または情報システム部(本館棟2階)のサポートデスク(学生スタッフが待機)でご相談ください。

館外貸出しできない資料とは?

視聴覚資料(DVD、LD、ビデオ)、参考図書、新聞、新聞縮刷版、雑誌、地図、研究紀要などです。「禁帯出」の赤いシールの貼ってある図書は館外貸出できません。

文庫・新書の種類は?

岩波文庫、岩波新書、朝日文庫、中公文庫、中公新書、河出文庫、知的生きかた文庫、ブルーバックス、PHP文庫、岩波ブックレット、現代教養文庫、講談社学術文庫、講談社現代新書、日経文庫、有斐閣新書、岩波科学ライブラリーなど、歴史ある文庫・新書については、開学当初より、継続的に受け入れて配架しています。

主にどういう分野の図書が多い?

大学図書館が収集する図書は、教育・研究に資する資料が中心で、学部・学科の内容を反映した「専門図書」が図書の大半を占めています。
コンピュータ・ネットワーク関連(情報システム)の図書はもちろんのこと、ビジネス・会計(経営情報)マスコミ・映像(情報文化)、自然・環境・人文・社会・産業(環境情報)などの分野の図書を中心に充実を図っています。

図書館に入れて欲しい本があります。

意見・要望への回答コーナーにある所定用紙に記入してリクエストするか、webOPACからもリクエストすることができます。また、間接的な方法としては、ゼミやクラス担任の先生に要望を伝え、先生からセンターに推薦していただくことも有効です。

図書館への意見・要望

ご意見ご要望をお寄せください。以下の必要事項を記入してください。なお、メールにて返送希望の場合は、アドレスの記載もお願いいたします。
  1. 氏名
  2. 学科
  3. 学年
  4. 質問・要望/図書購入/その他
  5. 内容

E-mail: infolib@affrs.tuis.ac.jp