グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学芸員課程


ホーム >  キャリア・就職支援 >  学芸員課程

学芸員とは、博物館等の施設において、調査・研究・展示等の業務を担当する専門職員のことであり、この学芸員の資格を取得するために必要な授業科目を設置したのが学芸員課程です。

※平成29年度入学者から履修できません。

学芸員課程とは

「学芸員」とは、博物館法によって登録または指定された博物館(動物園、植物園、水族館、および美術館を含む、以下「博物館」という)において、調査・研究・展示等の業務を担当する専門職員のことをいいます。学芸員の資格を有する者の就職先としては、博物館、民俗資料館、植物園、動物園、水族館、その他社会教育施設等があります。
学芸員資格を取得するためには、学部に設置された共通基礎科目及び各学科の専門教育科目の単位の修得の他に、法令によって定められた博物館に関する科目の単位を修得しなければならず、この科目を設置している課程を「学芸員課程」といいます。

学芸員資格の取得について

学芸員の資格を有するには、博物館法第5条第1項において「学士の学位を有する者で、大学において文部科学省で定める博物館に関する科目の単位を修得したもの」と規程されています。
この規程に基づき、本学では卒業要件を満たし、所定の単位(9科目19単位)を修得した者に対し資格取得の証明として「単位修得証明書」を発行します。

学芸員課程の授業科目

科目名 単位 開講年次
生涯学習概論 2 2
博物館概論 2 1
博物館経営論 2 1
博物館資料論 2 2
博物館資料保存論 2 2
博物館展示論 2 3
博物館教育論 2 3
博物館情報・メディア論 2 2
博物館実習 3 3・4

学芸員課程の履修手続

1. 申請受付

学芸員課程科目の開講は、1年次後期からとなりますので、申請受付は1年次の前期に行います。詳しい説明は、「学芸員課程ガイダンス」で行います。

2. 科目の履修

所定の期間内に履修申請の手続きをした者に対して、別途、学芸員課程科目の履修登録(追加履修)を行います。必ず指定の期間に履修登録を完了してください。

3. 諸費用

学芸員課程履修のための履修料は徴収しません。但し、授業時に使用する教材費や博物館実習(3年次~4年次)のための費用が必要となりますので、その都度、徴収します。