グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ケビン探検ツアー第一弾!【2013/7/4】


ホーム >  研究活動 >  KEVIN'S VOICE >  ケビン探検ツアー第一弾!【2013/7/4】



皆さんこんにちは~
はじめまして、momoちゃんです!

これからケビン先生と一緒に色々お伝えしていきますので、みんなヨロシクね★





今回は大学の裏山にケビン先生と探索してきました!
同じ大学構内にこんなに緑豊かな場所があるとは…。
情報大ならではの場所なので、散歩がてらにいかがですか~

ここからはケビン先生にバトンタッチ!!
ケビン先生、ヨロシクお願いします★

ヤマホタルブクロ

HELLO!!
ケビンです。

今日は、この時期(7月)にしか咲かない「ヤマホタルブクロ」を探しにいくよ!

ホタルブクロには種類があって、付属体があるものを「ホタルブクロ」、ないものを「ヤマホタルブクロ」というんだね。
この時期にしか咲かない季節の花で、とても綺麗なんだね。

*付属体
花の上のガク片のようなもの。

*ホタルブクロ(蛍袋)
ぶら下がって咲く花を提灯に見立てて火垂(ほたる・提灯の古語)をあてたという説と、子供が花の中にホタルを入れて遊んだという説も。
探索途中にもたくさんの植物がありました。

これは、クチナシ。八重咲きで、園芸用に品種改良されたもので、実をつけない。
アメリカやイギリスでは「ガーデニア」と呼ばれ、男性が女性に贈る花の定番なんだね。
ジェントルマンなキミ、ガールフレンドにプレゼントだね。

これは、アカツメクサ(葉はクローバー)。シロ・アカ・コメツブ(黄色)があるんだね。
よく絵本でも花冠にしているね。みんなも見たことあるんじゃないかな。
葉っぱは、四葉のクローバーで知られているね。
写真のように3枚で1枚の葉っぱだよ。

これは、エコノキ。昔の人は「シャボンの木」ともいっていたんだね。
その由来は、実にはサポニンが含まれていて、実の皮を乾かして砕いて水に入れるとアクが出る。それを洗濯やシャンプーとして使っていたんだね。
だからエコノキでわからなかったらシャボンの木といえばわかるんだね。

これは、キリ。
キリといえば、下駄や箪笥に使われている原材料だね。
昔は、農家で女の子が生まれると庭に桐の苗木を2本植えて、その子が成人してお嫁に行くときに桐箪笥を嫁入り道具として持っていけるようにしていたんだね。
ほら、実がなっているでしょ。これから花が咲くんだね。
花は小さいけど、とっても綺麗なんだね。

これは、ナワシロイチゴ。
木苺みたいだけど、時期が遅いからこれはナワシロイチゴだね。
木苺は、6月初旬で実が橙なんだね。
ナワシロイチゴは、7月くらいで食用だから食べられるんだよ。
甘くておいしいからケビンのfavorite!

これは、タケニグサ。
ケシ科で、薬草なんだね。
葉っぱを取ると、茎から黄色い汁(乳液)がでる。
これはとーっても成分が強いので、絶対食べちゃダメだね。
だから殺虫剤として使ったり、傷口が化膿したときに使うと毒消になるんだね。

これは、クサキ。
葉っぱがとってもクサイから「クサキ」というんだね。
覚えやすい名前だね。

POINT

★草花を写真に撮るときは、その草花の目線になってとるとよく撮れるんだね。
ケビンはいつも汚れを気にせず、座って撮っている。
汚れてもいい格好をして、Let's try!!

★トンボをとるときは、カメラを構えながら近づくと逃げていかないんだね。
なぜならトンボは敵を警戒してるからレンズ越しにだったら警戒しないんだね。

ケビンのイラスト集

ケビン先生は、絵を描くのがとっても上手です。
これは全てケビン先生のオリジナルイラストです!!