グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



パワースポット!【2013/7/16】


ホーム >  研究活動 >  KEVIN'S VOICE >  パワースポット!【2013/7/16】

こんにちは、momoちゃんです!
毎日暑いですね~皆さん、バテないようにきちんと水分補給ですヨ!
もうすぐ花火大会もあるし、夏の風物詩を感じることもこの時期ならではの楽しみ方ですね!

さ~て今回は、今女子に大人気のパワースポットについてです。
私も興味あるな~

では、ケビン先生、今日も元気にお願いしま~す★

Hi!!ケビンです。
今回はケビンゼミ生のきょうこちゃんも一緒に登場だね。


これからケビンのゼミで研究していることを紹介していくよ。
ケビンのゼミではパワースポットについて学生と研究をしているんだね。

今、学生と一緒に取り組んでいるテーマは、全部で3つ。
◆香取神宮
◆平将門
◆高尾山

今日は、ケビンが考えるパワースポットについてお話します。

ケビンが考えるパワースポットの概念

今、なぜパワースポットブームがきているか、みんな考えたことがあるかな?

ケビンが思うパワースポットは、「昔から住んでいる人の気持ちを寄せている場所」だと思うんだね。
その人達の気持ちが訪れた人達に伝わったから、心の癒しになったりパワーアップしたりしているんじゃないかな。
あとは、自然がある場所は現在のライフスタイルとかけ離れているからご利益というより”自然のめぐみ”の方が多いんだよね。
そのエネルギーを利用して体と心を清めることが、現代人には一番必要なことなのかも知れないね。
自然+人(気持ち)=パワースポット

今、パワースポットが注目されている理由

それから、パワースポットが今注目を集めているのには、2つの理由があると思うんだね。

(1)心の浄化(今は”デトックス”という言葉がぴったりかな)
(2)ご利益=縁結び

(1)心の浄化=デトックス

今の人はあまりにも自然とかけ離れた生活をしていて、ものすごいストレスフルな世の中で生きているから心が重くなるんだね。自然とかけ離れた生活をしていると精神的な病気になったり、やる気がおきなかったり、恨み・つらみ・くやみなど、心のいやーな感情がいっぱいになる。

みんなも経験あるんじゃなかな?
PCのデスクトップ上に色々アイコンをおくと起動が重くなるよね。
人の心も同じで、おはらい=リセットすることで元の状態に戻る。心が戻ると気持ちが軽くなって、「明日からもがんばろー!」と思えるし、人に優しくできたりするんだと思うんだね。
ケビンが面白いと思ったものが、京都にある神社で小さい陶器のお皿に悪い気持ち(うらみ・つらみ・くやみなど)や心を暗くさせる気持ちをお皿にうつして、石に向かって声を出して投げることで、気持ちを浄化させる=リセット(デトックス)すること。これを、「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」といって、厄除けの意味もあってみんなやるんだね。

だから、人は自然を求め日常とは違う「非日常」な体験を心が求めているから、自然を感じると心が穏やかになり、ストレスを流す=心の浄化になるんだと思うんだね。
*六根清浄とは 仏教用語で、「六根とは、眼・耳・鼻・舌・身・意の働きのことで、眼は不浄を見ない、耳は不浄を聞かない、鼻は不浄を嗅がない、舌は不浄を味あわない、身は不浄に触れない、意(心)は不浄を思わない」と願う言葉。 昔のひとは山登りの時など「六根清浄」(ろっこんしょうじょう)を口々に唱えており、それが「六根浄」となり、「どっこいしょ」となりました。 祈りの言葉がかけ声にまでなり、それほどまでに身心の清浄を念願として生活してきたといわれています。

(2)ご利益=縁結び

パワースポットにいくと、20代・30代の若いギャルズがたくさんいるんだよね。
代表的なものが、出雲大社と高尾山。
街にはハートマークのお守りやお土産、食べ物が大人気で、ギャルズ達は「縁結び」と聞けば飛びついているよね。
それもいいことだと思うんだけどケビンが思うのは、縁結びというキーワードも「昔から住んでいる人の気持ちを寄せている場所」ということがあるから、そういういわれがあるんじゃないかと思うんだよね。
みんなはどう思うかな?


次回は、研究内容を紹介するよ。
see you~♪