グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



不忍池(しのばずのいけ)の水鳥【2014/3/31】


ホーム >  研究活動 >  KEVIN'S VOICE >  不忍池(しのばずのいけ)の水鳥【2014/3/31】

Hi!ケビンです。
冬も終わり、春が訪れたね。
春一番が吹く中、学校の桜も満開だね。
そろそろ入学式&新学期。
ワクワクだね~♪

2014/3/11 読売新聞 The Japan news

今日は、ボクが書いた英字新聞のことについてピックアップします。
桜の名所として知られる「上野恩賜公園」は、日本で初めて公園に指定されたとこなんだね。
そこに蓮で有名な「不忍池(しのばずのいけ)」があって、そこには水鳥がいるんだね。
水鳥は、水辺に住む鳥で、今回ボクが撮影できたのは、9種類の水鳥だよ。

ゼグロカモメ

これは大型のカモメで、黄色い口ばしの先の下部分に赤い斑点があって、足も赤いという特徴があるよ。
同じ大型カモメで、オオセグロカモメとの見分けかたは、背中の羽の色が灰黒色であれば、オオセグロカモメ。
背中の羽の色が青灰色であれば、セグロカモメだよ。

ウミネコ

中型のカモメで、口ばしが黄色で先端部が黒色、最先端部に赤斑があるのが特徴だよ。
足は黄色で、背中の羽に黒い帯があり、身の周りが赤いのがウミネコだけに見られるものなんだね。
ウミネコという由来は、ネコの鳴き声に似ていることからきているんだよ。
なんだか目もcatっぽいね…?!

ユリカモメ

小型のカモメで、口ばしは赤色、頭部の目の後ろに黒色斑があって、足はきれいなピンク色だよ。
新橋から豊洲を結ぶ鉄道の「ゆりかもめ」は、東京都の都民の鳥”ゆりかもめ”から名付けられたそうだよ。

カルガモ

これはみんなもよく知っているよね。口ばしの先だけが黄色で、ほぼ1年中見られるね。
腰の部分に白い三日月模様があって、飛ぶときはお腹が黒く見えるんだね。
かわいいね~

ハシビロガモ

これも見たことがある人がいるんじゃないかな。
口ばしが太く長いのが特徴で、頭部は暗い緑色をしている。
お腹は栗色で、冬鳥として渡来し池や湖で越冬するんだね。
ハシビロカモは、狩猟法により狩猟が許されている鳥なんだね。

ヒドリガモ

ヒドリガモは、雄雌で色が異なる鳥だよ。
この写真は雄で、頭頂は黄白色で、頭部は茶褐色、体が灰色で尾羽は黒色。
メスは、色が違って褐色こげ茶色の模様が入っているよ。
口笛のように「ピューン、ピューン」と鳴くよ~

オナガガモ

これは名前のとおり、尾の長いカモで、雄雌で色が異なる鳥だよ。
雄は、頭部がチョコレート色で、胸から首筋にかけて白い。
雄の姿は、正装をしているようだといわれるほど、色がくっきりしているんだね。
雌は地味で、茶色なんだね。

ホシハジロ

ホシハジロは、ヨーロッパからシベリア南部まで繁殖し、冬はヨーロッパやアジアの南部に渡るんだね。
日本にも冬鳥として渡来し、北海道では一部繁殖しているよ。
雌は全身褐色で目の周りに白っぽい線があるのが、特徴。
多くて、首や口ばしが長いんだね。

キンクハジロ

カラスのような黒々としているけど、お腹の部分は白いのが目立つね。
正面から見えると怖い顔をしているように見えるね!

オオバン

額と口ばし白く湖沼や河川などの水辺で見られるとりで、水辺の生活に適した水かきをもっているんだね。
目が赤いのも特徴のひとつ。
オオバンは水面で見かけることが多く、水草や昆虫を食べる。
関東で繁殖していて、ツガイで縄張りをもつんだね。

バン

口ばしの先が黄色く、額版が赤く、背中の羽根に白い斑があるのが特徴。
バンは警戒心が強くあまり姿を見せないんだね。


みんなもお花見がてら、水鳥を見にいってみてね~

私は花よりだ・ん・ごかな♪ルンルン