グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



「マルウェア対策研究人材育成ワークショップ2017(MWS2017)」に本学学生が参加しました


ホーム >  What's New >  「マルウェア対策研究人材育成ワークショップ2017(MWS2017)」に本学学生が参加しました

マルウェア対策研究人材育成ワークショップ2017(MWS2017)が10月23日(月)、24日(火)に行われました
本大会は、情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会が主催し、今回で10回目となります。本大会の目的は、マルウェアに関する専門知識を備えた研究者/実務者の育成で、本学の総合情報学科 4年 勝野 満夢君、3年 中野 心太君と本学卒業生の石田 裕貴君(デジタルアーツ株式会社)、三須 剛史君(株式会社セキュアブレイン)の4名が参加しました。今回は、企業と学生で構成する14チーム(1チーム6名)が参加し、マルウェアを解析に挑戦しました。