グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



伊藤敏朗教授が監督した映画「カトマンズの約束」が4月より上映されます


ホーム >  What's New >  伊藤敏朗教授が監督した映画「カトマンズの約束」が4月より上映されます

伊藤敏朗監督(東京情報大学教授/ネパール映画監督協会会員)が、 カトマンズを見舞ったのは2015年8月のことです。 これまで伊藤作品に主演してきたガネス・ラマと一緒に、被災地の姿をカメラに収めて歩いた伊藤監督が見たのは、 この瓦礫を踏みしめつつ未来に向かって歩んでいこうとする力強いネパールの人々の姿でした。
 伊藤監督とガネス・ラマは、ラマ自身の体験も踏まえ、震災を通じて生まれた人々の絆のエピソードを映画化し、今しか撮ることのできないドラマとして残すことで、ネパールの震災復興支援を世界に訴えていこうと考え、復興支援映画『カトマンズの約束』が始動しました。

復興支援映画「カトマンズの約束」は、日本の国際緊急援助隊(以下 JDR)の海外での活躍を描いたはじめての劇映画であり、 ネパール国内においても2015年の大地震をテーマとした最初の映画となりました。

【解説】
2015年4月25日、ネパールを襲った巨大地震は同国に甚大な被害をもたらしました。
世界はこの小さくも美しい国にただちに救援の手を差し伸べ、 そして日本から現地に派遣された国際緊急援助隊(JDR:Japan Disaster Relief Team)と、 現地のネパール人の人々の間に、同じ震災国同士の震災復興で結ばれた、新たな絆が生まれました。
 ネパールの映画俳優ガネス・ラマは、日本語に堪能で、当地の会社経営もしていたことから、 日本隊からの要請に応えて惜しみない協力を果たしました。 日本側の求めで立ち寄った地方の村で、ラマは最大余震(5月12日)に遭遇し、 自らのジープが地滑りに巻き込まれて間一髪で脱出するという場面もありました。 このような功績に対し、ラマはネパールの民間人として唯一、日本隊からの「感謝メダル」を授与され、この実話をもとに、ラマと国際緊急援助隊員を主人公としたドラマ、『カトマンズの約束』は製作されました。

ネパール全国60館で公開 大地震3周年で日本でも公開

2017年9月11日、カトマンズ国立劇場にて大々的な完成試写会を開き、 当地マスコミで一大ニュースとなり、2017年12月15日からネパール全国60館で公開されました。
(現地公開題名『My Love~Promise for Kathmandu~』ネパール語吹き替え版)
 カトマンズでは『スターウォーズ』最新作と同じ日に公開となりましたが、市内のシネコンでは俄然、本作のポスターがセンターを占め、 より多くの観客動員を果たして大ヒットとなりました。
 日本では、2018年4月25日(水)のネパール大地震3周年追悼上映会を皮切りに、渋谷・ユーロライブほかにて一般公開が決定。
日程 上映会場
2018年4月25日(水) 16:00~/19:00~ なかのZEROホール
2018年4月30日(月)~5月6日(日) 13:00~/16:20~/18:40~ ユーロライブ
【同時上映】※ユーロライブのみ
■『カトマンズに散る花』 ■『カタプタリ~風の村の伝説~』 ■『ネパール・アイ2072』(5月5日のみ)