グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



活躍している卒業生を紹介!


ホーム >  What's New >  活躍している卒業生を紹介!

Alexaスキルアワード受賞!

Amazon主催のAlexaスキルアワード「暮らし部門」に本学卒業生の社本 明弘さんが受賞されました!

受賞した『ゴミ丸』は、ごみの分別とごみ収集日を教えてくれます。朝の忙しい時でも、わざわざスマホを開く手間がなく、ゴミ丸に呼びかけるだけで、すぐに教えてくれます。ゴミ丸は音声を用いることにより、スマホ等に慣れない年配の方や目の不自由な方にも簡単にご利用することができ、ごみの分別とごみ収集日の問い合わせが減ることが期待され、話題のスマートスピーカーを使うことで、ゴミ問題に対する注目度の向上も期待されてます。
※ゴミ丸を導入している自治体にお住まいの方が利用可能。

ニューヨークで開催される映画祭「Nippon America Discovery Film Festival」へ招待!

アメリカで知られざる日本を発見する「日本ディスカバリー映画祭」がニューヨークで開催され、本学卒業生の金森 正晃さん監督作品『デンサン』が招待されました!

沖縄国際映画祭で『饗(おもてなし)』や『万里一空に泳ぐ』が招待されるなど活躍されている金森 正晃さん。
今回、『デンサン』でニューヨークでおこなわれる『ニッポン・アメリカ・ディスカバリー・フィルム・フェスティバル』に招待されたました。
また、パリで開催中の日仏友好160年記念イベント「ジャポニスム2018」での上映も決定した。
作品名『デンサン』は伝統産業を略したタイトル。舞台は、高岡鋳物発祥の地である富山県高岡市。12 代目鋳物師の主人公が、伝統を受け継ぎながらも、新しいモノを生み出そうと仲間と共に奮闘する。富山の観光名所をさりげなく取り入れつつ、「伝統文化とは何か」を問いかける意欲作です。『ニッポン・アメリカ・ディスカバリー・フィルム・フェスティバル』では、金森さんの作品を含め約5作品を上映する予定で、デンサンは最終日の最後を飾ります。

yahooニュースに紹介されました
高岡舞台「デンサン」米・仏で上映

北日本新聞(2018年10月13日発行)※許諾済