グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



千葉日報「第4回CHIBA University Press」に本学学生参加


ホーム >  What's New >  千葉日報「第4回CHIBA University Press」に本学学生参加

2015/5/15(金) 千葉日報掲載



第4回目となる千葉日報主宰の「CHIBA University Press」*1に本学も参加し、6名の学生が記者となって紙面づくりを行います。今年で4回目となり、県内7大学から33名の学生が参加しました。

事前に千葉日報の編集者による研修を受け、新聞記事の書き方、取材の方法、写真の撮り方、紙面のレイアウトの基本までを熱心に学びました。この取り組みは、大学生のメディアリテラシー(情報活用能力)を育成し、情報社会に優れた人材を輩出することにあります。
本学からの参加は、総合情報学科3年、社会コミュニケーションコースの小松裕輔くん、佐伯太朗くん、陳魯さん、樋口沙羅さん、平野祥啓くん、丸井大樹くんの6名です。
本学学生記者による紙面掲載は7月9日(木)です。

*1「CHIBA University Press」とは…
千葉県内の大学生が、自分達で取材・撮影を行い、千葉日報の紙面に掲載されるというものです。
情報が溢れている現代だからこそ、大学生のメディアリテラシー(情報活用能力)を育成し、情報社会に優れた人材を輩出することを目的に社会に出る前のマナーとして、情報の受け手から発信者としての立場を経験します。