グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



「館山若潮マラソン」で本学陸上部が好成績を収めました


ホーム >  What's New >  「館山若潮マラソン」で本学陸上部が好成績を収めました

1月31日(日)に千葉県館山市で行われた『館山若潮マラソン』のフルマラソンに参加し、本学陸上競技部が総合2位、20代の部で優勝・準優勝、10代の部で優勝しました。

大会当日のコンディションは、マラソンレースの中では暖かめの気温でしたが、風もなくスタート時は走りやすいコンディションでした。
 今回参加した14名全員が初のフルマラソンでしたので、情報大生達は3分30秒~3分40秒のペース設定で、10キロまでは集団で走る作戦でした。作戦通り10キロ地点では、12名の情報大生で先頭集団を形成していました。
 20キロから30キロは、3年生の佐藤実くんが集団から抜け出しリードしていましたが、35キロ地点で第2集団から2年生の井上くんが一般ランナーと抜け出し、総合2位、20代の部で優勝。レースを引っ張った佐藤実くんは2位。そして1年生の松尾くんが第2集団から粘り切り、チーム内3位、10代の部で優勝しました。

20代の部で優勝した井上 和弥くんからのコメント(総合情報学科2年)

写真:井上くん

私は今回初めてフルマラソンを走りました。普段練習では20キロ前後を目安に走っていますが、今回のフルマラソンでは練習の倍以上の距離を走らなければならないので正直走りきれるか不安でいっぱいでした。
 試合が始まってすぐに、目標としていた2時間30分切りペースを体全体でつかめ、楽に足を進めることができました。38キロ付近からは足に力が入らなくなってしまい、ペースが落ちてしまいましたが、気持ちだけは落とさないように自分に言い聞かせながら走りました。その結果、総合2位でゴールすることができ、目標としていた2時間30分を切ることができました。
この結果に自信を持ち、チーム内のエースになる第一歩として、1か月後の学生ハーフで関カレ出場の標準記録を、10月の予選会では昨年の岡田先輩に続く学生連合に入ることを目標にやっていきたいです。

10代の部で優勝した松尾 玄くんからのコメント(総合情報学科1年)

写真:松尾くん(左) 篠崎くん(右)

今回の若潮マラソンで初めてフルマラソンを走らせていただきました。初のフルマラソンでしたが、2時間31分30秒で走り切ることができ、15歳~19歳の部で1位を取ることができました。初のフルマラソンで不安なことだらけでしたが、荒木コーチの前日からのアドバイスのおかげで今回のようなタイムで走ることができました。
ただ、今回のレースは予選会で走るための通過点でしかないです。これからまた、合宿、学生ハーフと続くので、気を引き締めて頑張ります。