グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



2016年度 留学生日本文化視察旅行を実施しました


ホーム >  What's New >  2016年度 留学生日本文化視察旅行を実施しました

 東京情報大学留学生との交流を深める会の主催で、9月12日(月)~13日(火)にかけて、留学生日本文化視察旅行を実施しました。
 昨年に引き続き二度目の開催となったこの視察旅行は、日本の歴史や文化を見学・体験し理解を深めてもらう目的で、留学生16名、交流を深める会会員6名、本学教職員2名の計24名が鎌倉市、江ノ島、小田原、箱根などを訪問しました。

 1日目は、鎌倉大仏(高徳院)、鶴岡八幡宮の見学、江ノ島散策を行いました。留学生の多くは、普段なかなか見ることのできない重要文化財や歴史ある建造物を、興味深そうに見学していました。

 2日目は、小田原城、箱根関所の見学、芦ノ湖海賊船での遊覧を行いました。小田原城では、突然のゲリラ豪雨により、城門で雨宿りする一幕もありましたが、その後の関所や遊覧船では、小雨程度で行程を消化することができました。
 
 全体を通して、和やかな雰囲気で旅行を楽しむとともに、目的であった日本文化への理解を深化させる貴重な経験となった視察旅行になりました。