グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



本学留学生と県立千城台高校との交流会を実施しました


ホーム >  What's New >  本学留学生と県立千城台高校との交流会を実施しました

11月17日(木)13時から、千葉県立千城台高等学校にて、本学留学生との交流会が実施されました。
このイベントは、東京情報大学留学生との交流を深める会が主催して毎年開催しているもので、今年で8回目を迎えました。
本学からは、7カ国・地域、15名の留学生と教職員2名、交流を深める会会員が5名参加しました。
千城台高校からは、平井校長先生を始め、生徒会役員及び茶道部の生徒さんなど多数参加していただきました。

まず初めに、対面式として両校代表者からの挨拶と生徒会からの千城台高校の紹介を行い、その後千城台高校の授業見学を行いました。
留学生の多くは、日本の高校の授業を見学するのは初めてということで、母国の高校との違いについて興味深そうに見学していました。

次に、千城台高校茶道部の生徒さんと一緒に茶道体験を行いました。
先生ご指導のもと、茶道部の生徒さんが運んでくれたお茶を、順番にいただきました。
留学生たちは、お茶の作法について四苦八苦しながらも、日本の伝統文化について楽しそうに体験していました。

次に、韓国、中国、モンゴル、香港、マレーシアの留学生5名による母国紹介を行いました。
発表した留学生たちは、流暢な日本語で母国のことを真剣に紹介しつつも、時折質問を投げかけたり、ユーモラスな話題で笑いを誘うなど、和やかな雰囲気での発表会となりました。

最後に、飲み物とお菓子を食べながら交流を行い、留学生と高校生はお互いに質問をしたり写真を撮ったりとすぐに打ち解けるなど、大変な盛り上がりをみせたすばらしい交流会となりました。