グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



平成30年度 看護学部フレッシュマンキャンプ


ホーム >  What's New >  平成30年度 看護学部フレッシュマンキャンプ

4月9日~10日、千葉県外房にある「ホテル一宮 シーサイドオーツカ」で、看護学部の新入生を対象のフレッシュマンキャンプを行いました。フレッシュマンキャンプの目的は、新入生が互いに交流を深め、「自律」と「共創」の大学生活をどのように送るのかを意識づけることです。また、「社会人基礎力」を養うための様々なレクリエーションや研修がプログラムされており、本学部のキャリア支援のスタートとして位置づけられています。

1日目

 1日目は、学生間や学生と教員との交流を図るスポーツレクリエーションからスタート。午後からは、創造力や発想力に刺激を与える「Points of You」というコーチングゲームで、「たくましさ」のイメージを言語化し、さらにそのイメージをグループメンバーと創作物で表現しました。

スポーツレクリエーション

運動会の定番、玉入れと綱引き。教員も学生も夢中で取り組み、チームの結束が高まりました。

「たくましさ」ってなんだろう?

手に取った写真からイメージする「たくましさ」について、語り合い、グループで語り合った「たくましさ」を創作物で表現しました。 「力強さ」「柔軟性」「思いやり」「粘り強さ」…など、様々なキーワードが反映されています。

完成した作品についてプレゼンテーション。どのグループも素晴らしい作品でした。

2日目

2日目は、チーム活動に焦点を当てたゲームを楽しみながら、「チームワークを高めるために必要な要素」や「チームの一員としてのあり方」について考え、仲間と共有しました。

「チームづくり」の研修

パズルのピースを持って、「仲間探し」スタート。 大勢の中から同じ絵のピースを持った仲間を探します。

仲間を探し出して、パズルの完成! 「仲間」は、一生の「宝物」になるので、大切にしましょう。

チームワークを高める

輪になって、パスする相手を指名しながらボールを回して、1周するタイムを縮めるゲームに取り組みました。

どうしたら、もっとタイムが縮まるのか… 試行錯誤しているうちに、出会ったばかりのメンバーとは思えないほどにチームワークが高まりました。

今年度のフレッシュマンキャンプは、10名の2年生がボランティアで、企画、準備、当日の運営を行いました。「新入生に楽しんでもらいたい」という一心で取り組み、「大変だったけど、良い経験になった」「大勢の人を動かすことの大変さや、その上で大切なことを学べた」と、リーダーシップを学ぶ貴重な体験になりました。

■写真右:~頼もしい2年生の先輩たち~
この研修を成功させるために、春休みから一所懸命準備してきました。