グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



陸上競技部(長距離ブロック)が第95回箱根駅伝予選会に出場します


ホーム >  What's New >  陸上競技部(長距離ブロック)が第95回箱根駅伝予選会に出場します

箱根駅伝予選会写真1

箱根駅伝予選会の概要

箱根駅伝予選会写真2

陸上競技部(長距離ブロック)が、10月13日(土)におこなわれる「第95回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会」に出場いたします。
予選会は、東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地~立川市街~国営昭和記念公園のコースでおこなわれ、昨年までの20㎞コースから、ハーフマラソンコース(21.0975km)に変更となりました。
チーム一丸となって、昨年よりもさらに良い走りを見せたいと思います。皆さまのご応援を何卒よろしくお願いいたします。

<日程>
2018年10月13日(土) 9時35分スタート
<場所>
陸上自衛隊立川駐屯地~立川市街地~国営昭和記念公園
<距離>
21.0975 Km
この予選会は、ハーフマラソンコース(21.0975km)を各校10名~12名の選手で走り、上位10名の記録の合計タイムで争われます。総合成績の上位11校に、2019年1月2日・3日に行われる本戦への出場権が与えられます。また、予選会を通過できなかった学校の記録上位者には、関東学生連合チームへの選出の可能性があり、母校のユニフォームを着て箱根路を走るチャンスがあります。

箱根駅伝予選会に向けて

陸上競技部(長距離ブロック)は、各種競技会やハーフマラソン大会などに出場するとともに、箱根駅伝予選会への出場と上位進出を目標に活動しています。
本年度主将を務める小田切佑介さんと、主務の佐々木舜さんに、普段の活動の様子や、このたびの箱根駅伝予選会への抱負を聞きました。

<普段の活動内容について>
月曜日から土曜日の週6日の朝練習に加え、火曜日と金曜日には午後練習をおこなっています。
朝練習では15km前後を、午後練習では20km以上を走り込みます。

部員全員がキャンパス内にある運動部寮「絆寮」で生活しており、練習場所も校舎もすぐそばにあるため、陸上にも学業にも打ち込める良い環境だと思っています。

箱根駅伝予選会写真3

<左から>主将の小田切佑介さん(4年)と主務の佐々木舜さん(4年)

<春合宿・夏合宿では集中的に練習に取り組みます>

普段の活動の他、大学の長期休業期間を利用し、春合宿と夏合宿をおこなっています。

2月の春合宿は、温暖な気候の沖縄にて開催し、日常の練習とは異なった環境の中で練習に取り組むことができます。

また、8月の夏合宿は、北海道において8泊9日の行程でおこないました。ここでは、10月の箱根駅伝予選会に向けた強化合宿として、距離を走ることに重点をおいています。

春合宿写真1

春合宿での集合写真

<学業や学生生活、アルバイトとの両立をはかる>

部員全員が大学の授業に出ることが部の方針でもあり、平日の昼間は授業を優先して、練習を入れていません。
そのため、学業と陸上の両立ができていると実感します。

本学陸上競技部(長距離ブロック)は、部員全員がアルバイトもしていて、私達も大学近隣の飲食店などで働いています。
アルバイトをすることで練習時間が制約される面も確かにあるのですが、社会経験を積むことで、それを陸上競技や今後の社会人生活に活かすことを重視しています。
陸上競技、学業、生活そして金銭管理など、部員が1人の大人として自立することが大切だと考えています。

夏合宿写真1

夏合宿の一コマ

<箱根駅伝予選会への抱負>

日常の練習や夏合宿を経験して、チームとしての纏まりや部員一人一人の力は向上してきています。
予選会当日まで1週間を切り、現在は最終調整に励んでいるところです。
例年、立川市での予選会には、部員の保護者や卒業生、教職員など多くの皆さまが駆けつけてくださいます。また、大学近隣の地域の方との交流会「歩こう会」の皆さんも大変熱心に応援してくださって本当に感謝しています。
これまでの練習の集大成として、予選会では昨年を上回る結果を出せるよう、全力を尽くしてまいります。

箱根駅伝予選会写真3

疾走する情報大の部員達(昨年の予選会から)

陸上競技部(長距離ブロック)の活動風景

春合宿(2月)

卒業式・4年生を送る会

各種記録会(4月~6月)

夏合宿(8月)