グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



佐原三菱館の歴史に関する調査(総合情報研究所プロジェクト研究)に係る成果報告について


ホーム >  What's New >  佐原三菱館の歴史に関する調査(総合情報研究所プロジェクト研究)に係る成果報告について

香取市との地域連携協定に基づく研究プロジェクト「佐原三菱館の歴史に関する調査(川崎財閥の歴史に関する調査)」(研究代表者:堂下浩教授)に係る成果報告が、早稲田大学クレジットビジネス研究所の紀要(Working Paper)に掲載されました。

本稿は、平成31年(2019年)1月24日に開催された「東京情報大学・香取市共催 地域連携フォーラム2018」のパネルディスカッションでの討論を中心に構成した論文となります。
本フォーラムには香取市民や関係者を含め147名にご参加いただき、活発な議論が取り交わされました。そして、そこでの討議内容の公表は多数の香取市民や関係者からも強く求められていました。

■三菱銀行による第百銀行の吸収合併に関する旧・川崎財閥からの検証
- 佐原三菱館の歴史から紐解かれる川崎銀行(第百銀行)を巡るパネルディスカッション -
https://www.ibi-japan.co.jp/prj-ircfs/workingpaper.html
(早稲田大学クレジットビジネス研究所)

■佐原三菱館と地域金融について語る公開講座「地域連携フォーラム2018」を開催しました
- 佐原三菱館が語る銀行統制の時代 ~香取で隆盛を誇った旧川崎銀行を辿る~ -
http://www.tuis.ac.jp/topics/forum2018_1/