グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ネパール政府から伊藤敏朗先生に特別貢献賞が授与されました


ホーム >  What's New >  ネパール政府から伊藤敏朗先生に特別貢献賞が授与されました

表彰式の様子

ネパール政府の映画行政機関である、映画開発委員会(FDB: Film Development Board)から、伊藤敏朗監督(本学非常勤講師)の多年にわたるネパール映画文化・産業への実績が表彰されることとなり、2019年7月1日FDB庁舎にて盛大な表彰式がとりおこなわれました。

伊藤監督が授与されたのは「ビシスタ・ヨーグダン・サンマーン」という表彰状で、逐語訳するとSpecial Contribution Awards=特別貢献表彰という意味になります。
式典は、FDB創立19周年を記念したものですが、これまで同様の顕彰活動はおこなわれておらず、このほどその19年分の表彰が一度になされた格好となり、ネパール映画史を鮮やかに飾る有名俳優や名監督・名プロデューサーらとともに伊藤監督が表彰されました。

左:伊藤敏朗先生 右:ゴカル・プラサッド・バスコタ大臣(ネパール政府)

伊藤監督のコメント

「この日をむかえられましたことも、皆様の大きなお力添えのおかげであり、深く感謝いたしております。これからもネパールの素晴らしさを世界に発信していきたいと思います」