グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



平成28年度 留学生発表会&留学生クリスマス会を開催しました


ホーム >  What's New >  平成28年度 留学生発表会&留学生クリスマス会を開催しました

留学生発表会優勝の栄冠は、曽 家浩(ソ カホウ)君に輝きました!

 12月15日(木)16時30分から、平成28年度 留学生発表会を開催しました。
 今年で11回目を迎えた留学生発表会は、本学で学ぶ留学生が日本語で発表することによって、母国と日本の理解を深めるとともに、日本語での発表に対しての自信をつけることを目的としています。
 今年度の出場留学生は4名で、キーワードの「 私の好きな日本」・「日本に来て思ったこと」・「日本人との考え方の違い」から一つのテーマを選び発表が行われました。
 会場となった4号館メディア・サブホールには、本学留学生、教職員、留学生との交流を深める会(以下:交流を深める会)の会員など約30名が応援に駆けつけてくださいました。
 
 会場に集まった来場者による、甲乙付け難い採点の結果、見事優勝の栄冠を勝ち取ったのは、総合情報学科1年生の 曽 家浩(ソ カホウ・香港)君でした。
 そして、準優勝は同学科1年生の 趙 越(チョウ エツ・中国)君、三位は同学科2年生の 元 耀民(ゲン ヨウミン・中国)君、奨励賞は同学科1年生の 崔 洪綱(サイ コウコウ・中国)君が選ばれました。
 優勝者の曽君には、学長から優勝杯と賞状並びに副賞が贈られ、準優勝以下の受賞者には、交流を深める会の鳥海会長から、賞状並びに副賞が贈られました。

 発表会終了後は、毎年恒例となっている留学生クリスマス会が、会場を2号館学生食堂に移して開催されました。
 先ほどの留学生発表会で奨励賞の成績を修めた総合情報学科1年生の崔 洪綱 君が司会を務める中、最初に交流を深める会の鳥海会長、本学鈴木学長よりご挨拶いただいた後、同会の熱田副会長の乾杯のご発声により、クリスマス会がスタートしました。
 様々なクリスマス料理が並ぶ中、ひときわ目を引いたのが、交流を深める会からのご紹介いただいた先生による、千葉県の郷土料理である太巻き寿司でした。食べるのがもったいないと感じるほどの色鮮やかな模様を見た留学生からは、感動の声が多く聞かれました。
 続いて、同じく交流を深める会からご紹介いただいた太極拳の先生から、いくつかの演武を披露していただきました。留学生達は、その美しい演武を真剣な眼差しで見つめていました。また後数名の留学生は、先生ご指導のもと24式太極拳の体験を行い、その流れるような動きに悪戦苦闘しながらも、楽しそうに体を動かしていました。
 太極拳演武の後は、毎年恒例となっているビンゴ大会を行いました。豪華商品が当たるとあって、参加者は真剣な面持ちで、読み上げられる番号に一喜一憂しながらも、大変な盛り上がりを見せました。
 最後に、今年の留学生交流会の会長を務めた、総合情報学科2年生の趙 佳明(チョウ ジャメ・中国)君より一年間の感謝を込めた挨拶があり、その後交流を深める会の伊達書記による閉会の挨拶で、今年のクリスマス会は閉会となりました。