グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム  > 大学案内  > 法人情報  > 新・実学ジャーナル


新・実学ジャーナル

「食料 環境 健康 資源エネルギー&情報」をテーマに、法人傘下の学校の諸活動を四半期ごとにタイムリーに紹介しています。各号の冒頭は、以下の書き出しから始まります。


榎本武揚と横井時敬

創設者は、明治の英傑榎本武揚だ。明治政府で外相、文相、農商務相などの要職を歴任した榎本は、明治24年(1891年)、東京に「私立育英コウ」を設立した。その農業科が東京農学校、東京高等農学校と名を替えつつ、拡充の歴史を歩み、今日の東京農業大学となる。

東京農学校時代の明治27年、評議員として参画したのが、明治農学の第一人者横井時敬だった。「人物を畑に還す」「稲のことは稲にきけ、農業のことは農民にきけ」と唱えて、「実学」による教育の礎を築き、東京農業大学の初代学長を務めた。東京農業大学の「生みの親」は榎本、「育ての親」は横井である。

傘下に東京情報大学

東京農業大学は、農学部、応用生物科学部、地域環境科学部、国際食料情報学部、生物産業学部、短期大学部の6 学部21学科からなり、大学院は2 研究科19専攻体制が整っている。世田谷、厚木、オホーツク(北海道・網走)の3 キャンパスに学生・院生ら約13,000人が学んでいる。
学校法人東京農業大学の傘下に、東京情報大学(千葉)がある。総合情報学部1 学科、大学院1 研究科で、学生・院生は約1,900人。傘下には、他に併設校として農大一高/中等部、同二高、同三高/附属中学がある。

学校法人東京農業大学戦略室

東京農業大学 新・実学ジャーナル(別ウィンドウで開きます)