グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



博士前期課程のアドミッションポリシー


ホーム >  入試・イベント >  2021年度入学者選抜試験情報(大学院) >  博士前期課程のアドミッションポリシー

教育研究上の目的

大学院総合情報学研究科博士前期課程においては、システム開発、ネットワーク、知能情報、環境情報、データサイエンスの分野において研究開発や課題解決を推進する「情報システム系列」、メディア情報、経営・社会情報の分野において社会的な課題を解決する「社会情報系列」、保健医療福祉分野において医療現場での課題を解決する「ヘルスケア情報系列」の3つの系列を柱として、各系列における高度な専門知識、および、技能を修得した研究者や高度職業人を育成するとともに未来を切り拓く「総合情報学」の進展を目的とする。

アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

大学院総合情報学研究科博士前期課程における教育研究の目的及びディプロマポリシーを達成するため、「情報システム系列」、「社会情報系列」、「ヘルスケア情報系列」の3つの系列のいずれかにおいて、明確な目的意識と探究心をもって研究を進めようとする意欲を持つ者で、かつ以下の基礎学力と能力を有した者を受け入れる。

(専門知識・技能)
学士修了相当の知識を有し、専門分野を学ぶ上で必要な外国語、専門科目などについて内容を理解できる。
(研究・開発能力)
問題解決に必要となる柔軟で論理的な思考力が備わっており、自分の考えを明確に表現し、伝えるための基本姿勢が身についている。
(研究の素養)
自ら率先して課題を発見し解決する研究意欲があり、主体的に多様な人々と協働して研究を進めることができる。