グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



就職支援体制


ホーム >  キャリア・就職支援 >  就職支援 >  就職支援体制


体系的な就職支援行事

就職活動に向け、段階的に準備を進められるようにプログラムを組んでいます。
外部講師による就職ガイダンスや、企業人事担当者の講演、4年生・卒業生による座談会、採用筆記試験対策のための模擬テストなど多岐にわたります。就職活動のハウツーに偏ることなく、自分の進路について考え、行動を起こすキッカケとなるための行事を目指しています。
なお、在学生は就職支援行事の全てを無料で受講することができます。

キャリア課と専門員による個別相談

進路や就職に関することはいつでもキャリア課スタッフに相談できます。
この個別相談は、一過性に終わることがないよう、面談内容と学生の就職活動状況を記録し、学生個人の状況を十分に把握することにより、継続して的確な助言をしています。あわせてゼミ担当教員との面談も研究室内で随時実施され、キャリア課と連携をはかりながら学生の就職活動をサポートしています。卒業年次生全員とコンタクトをとる、きめ細かな就職支援の証として、本学卒業年次生の進路状況把握率は例年100%です。
また、企業の人事採用担当を務めた方を就職支援専門員として配置することで、長年の採用経験に基づいたより実践的なアドバイスができることも本学の特徴のひとつです。
さらに、キャリアカウンセラーによる相談ブースを設置し、目的に応じた就職相談・カウンセリングを行っています。

4年次生による在学生への就職支援(学生キャリア・アシスタント)

就職活動を終えた4年次生が「学生キャリア・アシスタント」として、後輩の就職相談に応じています。就職活動を経験した4年次生からのアドバイスは、実際の採用試験から就職マナーまで気軽に聞けるとして大変好評です。
また、個別相談のほか、自主的な就職支援行事の運営や3年次ゼミ、低学年次の基礎ゼミへ出張し、質問会形式のガイダンスも開催しています。

ホームページ等による求人情報と企業情報の提供

企業から受領した求人票は、キャリア課資料室及び「J-Port(東京情報大学web情報システム)」上で閲覧できます。
さらにキャリア課内の端末では、民間の信用調査機関が提供する全国の企業25万社分のデータ閲覧が可能で、企業を選ぶ際の客観的な情報源として、在学生に大いに活用されています。

facebookによる情報発信

学内で行われるキャリア形成支援活動や就職支援イベント情報のほか、学外で行われる就職支援イベント情報、就活生の活動報告など、就活に役立つ情報を学生キャリア・アシスタントとキャリア課スタッフが協力してリアルタイムに発信します。

「学生キャリア・アシスタント」公式facebook
https://www.facebook.com/tuiscareer/

Uターン就職への対応

全国の各都道府県にある地元新聞社や学生職業センターが発行する企業ガイドを収集し、就職資料室内にて都道府県別に設置しています。さらに、首都圏の地方都市や出身学生の多い地域の新たな求人開拓に努め、それぞれの地域における最新の採用動向を収集しています。