グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



授業を欠席したとき


ホーム >  学習支援 >  履修・授業について >  授業を欠席したとき

学生の皆さんが授業を欠席した場合、「欠席届」を提出することができます。
なお、事由により、公欠的な取扱いになる場合とならない場合があるので、注意してください。
(1)公欠的な取扱いとなる場合
  下記事由により欠席する場合は、学生教務課へ提出すること。
  但し、公欠扱いとできる回数は、1授業科目あたり1/3までとする。1/3を超えて欠席した場合は、欠席とする。
  また、公欠扱いとした授業については、授業担当教員の指示に従うこと。
事 由 証明者 添付書類等
課外活動(公式戦等の参加を大学が許可した場合) 部長,顧問等 開催要項等
忌引(3親等まで) 保護者 死亡に関する書類
(会葬通知等)
公共交通機関の運休及び遅延 不要 交通機関の遅延証明書
※居住地からの交通機関に限る
教職課程に関する実習や行事への参加 教職担当教員 不要
学芸員課程に関する実習や行事への参加 教職担当教員 不要
学校保健安全法に規定されている感染症による出席停止 医務室長 治癒証明書の写し
その他,教務委員長が適当と認めた場合
(2)公欠的な取扱いとならない場合
  上記以外の事由で欠席した場合は、直接授業担当教員へ提出すること。
  なお、原則欠席扱いとします。

(3)手続手順
  ・大学HP「様式ダウンロード」から「欠席届」をダウンロードし、必要事項を記入する。
  ・証明者に署名・捺印をしてもらう。事由によっては、証明書類を添付する。
  ・「公欠的な取扱いとなる場合」は学生教務課へ提出する。(学生教務課で書類を確認した後、担当教員へ提出します。)
   「公欠的な取扱いとならない場合」は、直接授業担当教員に提出する。

(4)その他
  ・欠席した日から換算し、前後1週間以内に提出するものとする。
  ・質問等あれば、学生教務課窓口(D履修)に問い合わせること。