グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



共同研究・受託研究


ホーム >  研究活動 >  共同研究・受託研究

外部機関との研究の振興を目的としたさまざまな分野、テーマの共同研究・受託研究を実施しています。

共同研究・受託研究の研究テーマ(過去5年間)

年度 研究テーマ
2019年度
(令和元年度)
  • 東北地方における衛星リモートセンシングと深層学習技術を用いた植生図更新手法の開発に関する研究
  • サイバー攻撃者の行動特性解析やインシデント兆候解析、及び医療分野における情報セキュリティの実態調査に関する研究
  • 冷却塔排気に係る環境影響の調査・予測・評価の手法に関する研究開発
  • ALOS-3観測データを想定した植生図作成の検討
  • 時系列解析のためのビッグデータセット構築手法の研究
  • AIを活用したごみクレーン自動運転
  • 駐車場システム用画像認識技術に関する研究
2018年度
(平成30年度)
  • サイバーセキュリティに関するインシデント解析の研究、及び医療分野における情報セキュリティの問題や対策の実態調査
  • AIを利用したピット内ごみ質均一化とクレーン動作の最適化
  • 地熱発電システム(冷却塔排気)の管理高度化に関する研究開発
  • 「各種店舗および施設における最適BGM再生レベルとその推定」に関する研究
  • 時系列解析のためのビッグデータセット構築手法の研究
2017年度
(平成29年度)
  • Development of algorithm to detect coastal changes and fishery activities on the South China sea(南シナ海における沿岸と漁業活動検出アルゴリズムの開発)
  • 「飲食店における最適なBGMの音量」に関する研究
  • サイバーセキュリティに関するインシデント解析の研究、及び医療分野におけるセキュリティ教育プログラムの研究
  • 屋外の長距離伝搬音声への情報秘匿技術に関する研究
  • 人工知能を利用した、ごみピット攪拌クレーン制御
  • 「各種店舗および施設における最適BGM再生レベル」に関する研究
  • 衛星データ(東アジア水田地域)抽出業務
2016年度
(平成28年度)
  • Development of algorithm to detect coastal changes and fishery activities on the South China sea(南シナ海における沿岸と漁業活動検出アルゴリズムの開発)
  • 衛星リモートセンシングによる広域スケール生物多様性モニタリング及び予測手法の開発
  • セキュリティインシデント解析基盤システム等に関する研究開発
  • 屋外の長距離伝搬音声への情報秘匿技術に関する研究
  • 人工知能を利用した、ごみピット攪拌クレーン制御
  • 「東京情報大学学生食堂におけるBGMの印象」に関する研究
2015年度
(平成27年度)
  • 河川測量へのALB適用に関する研究
  • 衛星リモートセンシングによる広域スケール生物多様性モニタリング及び予測手法の開発
  • 植生指標(NDVI)データのクラウドフリーデータセットの自動生成システムの研究開発
  • ビッグデータ解析によるサイバー攻撃の兆候抽出などに関する研究
  • Development of algorithm to detect coastal changes and fishery activities on the South China sea(南シナ海における沿岸と漁業活動検出アルゴリズムの開発)
  • 人工知能を利用した、ごみピット攪拌クレーン制御
  • 千葉県企業庁記録映像作成業務
  • 衛星データ(東アジア水田地域)抽出業務

お問い合わせ先

担当部署 東京情報大学 総合情報研究所
所在地 〒265-8501 千葉県千葉市若葉区御成台4-1
電話 043-236-4710
FAX 043-236-1251
E-mail sojoken(ここに@を入れてください)affrs.tuis.ac.jp
共同研究、受託研究等についてのご相談は、下記の相談シートをお寄せください。
研究ニーズに最適な教員をご紹介いたします。