グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



宮野公惠


ホーム >  教員情報 >  看護学部 >  ま行 >  宮野公惠

研究分野
看護学 教育学

所属学会
日本看護研究学会
日本看護学教育学会
日本老年看護学会

e-mail

km206136(ここに@を入れてください)@rsch.tuis.ac.jp
所属 看護学部  高齢者看護学領域 職名 助教
研究テーマ 看護教育
老年看護

座右の銘・好きな言葉は?

教えるとは希望を語ること
学ぶとは誠実を胸に刻むこと

(私の恩師から教えて頂き、大切にしているルイ・アラゴンの言葉です)

研究内容

看護基礎教育に携わる中で、臨床現場で必要となる観察・アセスメント・判断力などを身に付け、学生が自分で考え行動できるような教育方法を考えています。その一つとして、OSCE(Objective Structured Clinical Examination;客観的臨床能力試験)やパフォーマンス課題を導入して、思考力や判断力、関心・意欲などの可視化を試みたり、それを振り返ることで学習効果を高める研究をしています。
老年看護学領域では、高齢者の持てる力に着目し、介護予防やサルコペニア・フレイルの予防に向けた研究を進めていきたいと思っています。

発表・著書等

学会発表・講演など

  1. 平成13年 日本看護学校協議会学会 口頭発表
  2. 平成23年日本看護協会学術集会(看護教育) 口頭発表

論文・著書など

  1. ラ・スパ 過去問題対策2014~2016 「老年看護学」解説
  2. プチナース「看護技術の必要物品チェックBOOK」2013.05別冊
  3. 新たなる看護学評価 パフォーマンス評価への取り組み,看護教育,201207

学位・研究業績等

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。