グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部の学び・研究室 ≫≫



情報システム学系
Information System
ヒト・モノ・環境の融合による、総合的な情報システムを学ぶ
システム開発、情報ネットワーク、情報セキュリティや知能情報処理などに関する基礎技術からゲーム・エンタテインメント、仮想化システムなどの先端技術や環境分野のビッグデータ解析技術について研究し、新しい情報分野で活躍していくために必要な技術について学ぶ。企業活動のサポート、社会・環境問題のデータ分析と課題解決、人々の利便性向上やゲーム・エンタテインメント提供など、多様な情報システムを設計・構築・運用する能力を有する人材を育成する。(教育目標及び育成する人材像)

情報システム学系3トピックス
TOPIC1
レベル別に対応充実した学び

プログラミングなどの授業は、各自レベルに合ったクラスで学べます。初心者は基礎から、経験者は高度な技術について、学生スタッフも参加し個別指導で学べます。
TOPIC2
新しい技術の学びと研究

幅広いテーマの中から、自分の興味があることを専門的に学べます。ネットワーク、人工知能、IoT、ゲーム、自然環境など新しい技術を研究できます。
TOPIC3
各種資格取得のサポート

国家資格の情報処理技術者試験の内容を授業で学ぶことができます。さらに、教職課程を履修することで教員免許(情報)の資格も取得できます。
研究室紹介
システムデザイン研究室 詳細 ≫≫
情報システムで社会を便利にする
世の中を便利にするシステムを作るには、技術だけでなく利用者がかかえる問題を理解し、問題を解決できる仕組みを設計する能力が必要です。「ものづくり」に対して「もの」だけでなく、「利用者」や「社会」などを考えながら広い視野で情報システムをデザインできる技術者を養成します。

ゲーム・アプリケーション研究室 詳細 ≫≫
人を楽しませ、助けるアプリケーションを創る
P Cゲームやスマホアプリ、クラウド型アプリケーションなど、人を楽しませたり、助けたりするアプリケーションの開発技術を学びます。タッチセンサー、モーションセンサー、G P S、仮想現実用のヘッドマウントディスプレイ装置などを活用しながら個性的なモノづくりにも挑戦します。

ネットワーク・セキュリティ基盤研究室 詳細 ≫≫
安心・安全・快適な情報通信社会を実現する
高度情報通信ネットワーク社会を支えているのは、ネットワークとセキュリティの基礎理論と基盤・応用技術です。この研究室では、ネットワーク制御理論や暗号理論などのネットワークとセキュリティの理論的な側面に加えて、最先端の実用的な技術について学ぶことができます。

ネットワークシステム研究室 詳細 ≫≫
サーバからプログラミングまで、ネットワークの全てを学ぶ
ケーブルの配線やサーバの構築、ネットワーク上のアプリケーションにセキュリティ技術まで、ネットワークのすべてを基礎から学びます。専門的な知識や技術だけでなく、“ホワイトハッカー” の精神も身につけていきます。

知能情報システム研究室 詳細 ≫≫
人工知能(AI)を用いて、未来社会に役立つシステムを創造する
近年、急速に進歩している人工知能(AI)技術について、基礎から最新の動向まで専門的に学んでいきます。AIの社会的需要がさらに高まるなか、より便利で安全なシステム実現のため、人間とAI技術を共存させた新しいシステムを開発していくことを目的としています。

環境情報研究室 詳細 ≫≫
衛星データを駆使して、地球環境を守る
人工衛星を活用する衛星リモートセンシングや、フィールド調査で収集したデータを分析していくと、黄砂の発生、貴重な動植物の分布、地球温暖化の原因となるガス発生源などさまざまなことが見えてきます。これらの知識と分析技術を習得して、持続可能な環境とは何かを考えます。

■アドミッションポリシー (学生受け入れの方針)
情報社会における様々な問題をコンピュータ技術を駆使して合理的かつ効率的に解決できる、実践的な能力及びシステム開発能力の修得を重視している。そのために、下記の項目にあてはまる人を求めている。
●情報システムに関心を持ち、コンピュータに関わる技術を学ぶ意思の強い人
●情報システムを学ぶ前提となる基礎知識、特に数学・理科・情報等の科目に興味を持つ人
●情報システムの技術者として、積極的に地域社会に貢献する意欲を有する人

数理情報学系
Mathematical Informatice
数学とI T の力で新しい知識を創る
数理情報学を基礎にしたデータ分析や数理モデル化による自然・社会ステムの理解と課題解決実現のための手法を学ぶ。同時にこれらを情報システム化する技法を身につけ、その過程を通じて数理情報学およびその基礎である数学の専門性を修得することにより、高度な情報技術を駆使して意思決定を実行する、社会の要請に応え得るデータサイエンティストを育成する。(教育目標及び育成する人材像)

数理情報学系 3トピックス
TOPIC1
実学度N o . 1の統計学

データに基づく合理的で説得力のある計画や判断が、企業や行政の発展・効率化に不可欠です。いま、数字とコンピュータに強い人材が強く求められています。
TOPIC2
基礎から応用へ

高校で学ぶ数学の基礎的内容から教職数学に至る本格的な科目まで、また、電卓からスタートして最先端の統計ツールまで段階的に学びます。
TOPIC3
新たな仕事にチャレンジ!

インターネットを通じて蓄積されるデータを、高度な知識と深い洞察に基づき分析、解決するデータサイエンティスト。共にこの新しい仕事をめざしましょう。
研究室紹介
数理情報研究室 詳細 ≫≫
数学を用いて実社会の問題を解決する
世の中には膨大な情報が眠っています。例えばコンビニで買い物をするだけでも、POSデータという情報がストックされているのです。こうした「ビッグデータ」と呼ばれる複雑なデータを、ソフトウェアを使って分析し、分かりやすく可視化することで、データの背後に潜む世界を明らかにします。

データサイエンス研究室 詳細 ≫≫
統計学を使ってモノ・コトの本質に迫る
統計学に裏付けされたデータ解析の方法について理解し、Excelや統計処理ソフトを使ってデータを解析する技術を習得します。解析に用いるデータの収集技術についても、実習を通して獲得します。

■アドミッションポリシー (学生受け入れの方針)
情報社会における様々な問題を数理的手法とコンピュータ技術を駆使して合理的かつ効率的に解決できる、実践的な能力の修得を重視している。そのために、下記の項目にあてはまる人を求めている。
●数理情報に関心を持ち、コンピュータやデータ分析に関わる技術を学ぶ意思の強い人
●数理情報を学ぶ前提となる基礎知識、特に数学・理科・情報等の科目に興味を持つ人
●数理情報の技術者として、積極的に地域社会に貢献する意欲を有する人

社会情報学系
Social Informatics
情報を駆使して新しい価値を創る
社会と情報に関わるメディア学、社会科学、心理学などに関する研究をとおして、新しい価値を創造し、社会で活躍していくために必要な能力について学ぶ。社会問題解決のための情報分析、生活者の利便性向上のための社会情報の提供、情報メディアを活用した表現活動など、多様な情報を創造、運用する能力を有する人材を育成する。(教育目標及び育成する人材像)

社会情報学系 3トピックス
TOPIC1
多様な分野を学習する

メディア、経営、金融、心理、スポーツなど多様な分野の研究室を配置。文系・理系に関わらず、自分の進路や興味にあった研究室を選択することができます。
TOPIC2
情報社会のトレンドを追求

研究室独自の活動に加え、企業や市役所との連携研究、小・中・高等学校との共同研究などを実施。情報社会の最新動向を体験し理解することができます。
TOPIC3
多彩な進路と就職指導

研究室が多様であることから、将来考えられる進路も広範囲に及びます。関連資格の取得指導も含め、個人の興味や適性を見つつ、適切な就職指導を行います。
研究室紹介
映像・音響研究室 詳細 ≫≫
デジタル時代に求められる映像・音響コンテンツを探る
本格的なスタジオやプロ仕様の機材を使い、実践的な授業を通して映像と音響の最新技術をマスターします。映像ゼミではドラマからドキュメンタリー、P V、ライブショーまで幅広い映像コンテンツを扱い、音響ゼミでは映像と音・音楽の感じ方とその効果について、実験に基づいて明らかにしていきます。

ゲーム・CG・Webデザイン研究室 詳細 ≫≫
人の心を捉えるゲーム・C G・W e b デザインを探求する
デジタルコンテンツに関する教育・研究を行います。ゲーム分野は画像やサウンド、制御を組み合わせゲーム制作に挑戦し、C G 分野は原理を学びリアルな静止画とアニメーションを制作。W e bデザイン分野は視覚・広告デザインから学習システムまで、幅広く研究します。

メディア文化研究室 詳細 ≫≫
メディアを学び、情報発信スキルを身につける
情報を伝え、コミュニケーションの手段となるもの、それがメディアです。現代の多種多様なメディアについて、それらがどのように社会や文化と関わっているのか、どのような言葉で発信され表現されているのか、これらの視点から分析を行い、メディアの持つ意味について考えます。

経営イノベーション研究室 詳細 ≫≫
I T を駆使して、企業経営の全てを学ぶ
経営イノベーション研究室では、社会で話題になっている企業や製品、経済現象などを素材に、経営戦略の立案から、商品開発や資金調達まで、広く学んでいきます。学内に留まらず、地域や企業とも連携した実践的な学びが特長です。

心理学研究室 詳細 ≫≫
自分の心を知り、人の気持ちを理解する
人間の幸せは、心のあり方と切り離して考えることはできません。その「人間の心」について探求するのが心理学です。人間のものの見方、考え方を探る「基礎心理学」と、心にトラブルをもつ人を癒やす「臨床心理学」のふたつの分野を軸に、心のあり方について探っていきます。

スポーツ科学研究室 詳細 ≫≫
情報力が生涯スポーツやアスリートスポーツをささえる
トップアスリートはほぼ例外なく科学的な分析に基づいたコーチングを受け、活用しています。そんなスポーツ界の実情に基づき、ハイスピードカメラによるプレーの分析、スポーツ心理学の応用、さらに指導者に欠かせないコーチングやマネジメントなどを学ぶ場を用意しています。

■アドミッションポリシー (学生受け入れの方針)
情報社会における様々な問題を社会情報やメディアの視点から合理的かつ効果的に解決できる、高い創造力の修得を重視している。そのために、下記の項目にあてはまる人を求めている。
●社会情報に関心をもち、情報と人間との関わりに興味を持つ人、または、情報表現に関わる技術に興味を持つ人
●社会情報を学ぶための前提となる基礎知識、特に、社会、情報等の科目に興味を持つ人
●社会情報のエキスパートとしての知識・技術を用いて、積極的に地域社会に貢献する意欲を有する人