グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ノートパソコン必須化の狙い


ホーム >  学習支援 >  情報教育環境 >  ノートパソコン必須化の狙い

入学時に購入しているノートパソコンの必携化のねらい等について説明します。

必携化のねらい

1. 「高度情報リテラシー」能力の育成

本学では全ての学科で、「高度情報リテラシー」能力を育成するため、1年次より情報化社会の仕組みからネットワークやプログラミングにいたる徹底した情報教育を行っております。
そのため、演習の時間だけでなく、24時間「いつでもどこでも」使えるノートパソコンがきわめて有用な教育機器となります。また、ノートパソコンであれば、機器の操作や設定の疑問、相談、あるいはトラブル時の対処も、教員や学生同士の間で現物を見せ合いながら行え、その場で解決できます。

2. 「モバイルリテラシー」能力の育成

本学では、いつでもどこでもネットワークから情報を収集し、それを活用する「モバイルリテラシー」能力の育成を目指しています。そのため、大学でも自宅でも、また、その他の様々な場所で、データの移動や異なる環境を使い分ける負担がなく「いつでもどこでも」使えるノートパソコンは、必須のアイテムです。
入学後は、大多数の演習科目においてこのノートパソコンを使うことになります。また、履修登録、出席確認や教材の閲覧、レポート提出、授業アンケート等がノートパソコンからできるように授業支援システムを導入し、演習だけでなく講義を含む多くの授業科目で利用されています。

3. コンピュータ管理能力の育成

本学の情報教育では、ソフトウェアの単なる利用者ではなく、管理者としての基礎的能力も養います。
各自が所有するノートパソコンの自主管理を通じて、機器の取り扱いやソフトウェアのインストールだけでなく、機器の管理やケア、大学と自宅といった異なるネットワーク環境の設定切り替えなど、コンピュータシステムの管理・運用についての知識を身につけることができます。

4. プレゼンテーション能力の育成

ビジネスの世界では、得意先にノートパソコンを持参し、プレゼンテーションを行うといったことが既に日常的となっています。学生の頃から、訴求力のあるプレゼンテーションスキルを身につけるために、日頃からノートパソコンを携帯し活用することが大変効果的です。

利用環境の整備

1. 学内ネットワ-ク環境

授業以外でもノートパソコンが活用できるように、大学のほぼ全域でネットワークアクセスが可能な無線LAN環境を整備するとともに、教室内外には確実で高速に通信ができる情報コンセント(有線LAN)を多数用意しています。

2. サポート体制

ノートパソコンを使用していると、ソフトウェアの設定不良、動作不良、ウィルス感染など様々なトラブルに遭遇しますが、本学では、これらのトラブルや相談に対処できる知識や技量を備えた学生による「パソコンサポートデスク」と呼ばれるサポート体制を整えています。

平成26年度の大学特別仕様ノートパソコン

大学特別仕様必携ノートパソコンの特徴

  • 本学の講義、演習で使用する主なソフトウェアを最初からインストール済み
  • Microsoft Office (Word、Excel、PowerPoint,Access等) をインストール済み
  • Windowsに加え、高度なネットワーク関連業務の学習に適したLinuxを搭載。
  • 有線LAN、無線LAN機能を搭載してあり、本学キャンパス内で学内サーバへのアクセスやインターネット利用が可能
  • 購入者向けの利用ガイダンスを正規授業の中で実施

大学特別仕様必携ノートパソコンの仕様

東芝 N51(平成27年度販売モデル)
プロセッサ: Celeron N2840
メモリ: 4GB
ハードディスク: 500GB
ディスプレイ: 11.6型 (1,366×768)
バッテリ駆動時間: 4.6時間
重量: 1.3kg
通信機能: 無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n), 有線LAN(1000Base-T/100Base-TX/10Base-T)
インタフェース: USB2.0×2 USB3.0×1
OS: Windows 8.1 Update 64bit
Microsoft Office インストール済み
大学指定ソフトウェア組み込み済み
DVDドライブ: DVDスーパーマルチドライブ(外付け)
動産総合保険(破損・盗難に対応した4年間の保険)付き
付属品: USBマウス、LANケーブル、PCバック