グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



総合情報学部 ノートパソコン必携化のねらい


ホーム >  学習支援 >  情報教育環境 >  総合情報学部 ノートパソコン必携化のねらい

総合情報学部の学生が、入学時に購入しているノートパソコンの必携化のねらい等について説明します。

必携化のねらい

1. 「高度情報リテラシー」能力の育成

総合情報学部では、「高度情報リテラシー」能力を育成するため、1年次より情報化社会の仕組みからネットワークやプログラミングにいたる徹底した情報教育を行っております。
そのため、演習の時間だけでなく、24時間「いつでもどこでも」使えるノートパソコンがきわめて有用な教育機器となります。また、ノートパソコンであれば、機器の操作や設定の疑問、相談、あるいはトラブル時の対処も、教員や学生同士の間で現物を見せ合いながら行え、その場で解決できます。

2. 「モバイルリテラシー」能力の育成

総合情報学部では、いつでもどこでもネットワークから情報を収集し、それを活用する「モバイルリテラシー」能力の育成を目指しています。そのため、大学でも自宅でも、また、その他の様々な場所で、データの移動や異なる環境を使い分ける負担がなく「いつでもどこでも」使えるノートパソコンは、必須のアイテムです。
入学後は、大多数の演習科目においてこのノートパソコンを使うことになります。また、履修登録、出席確認や教材の閲覧、レポート提出、授業アンケート等がノートパソコンからできるように授業支援システムを導入し、演習だけでなく講義を含む多くの授業科目で利用されています。

3. コンピュータ管理能力の育成

総合情報学部の情報教育では、ソフトウェアの単なる利用者ではなく、管理者としての基礎的能力も養います。
各自が所有するノートパソコンの自主管理を通じて、機器の取り扱いやソフトウェアのインストールだけでなく、機器の管理やケア、大学と自宅といった異なるネットワーク環境の設定切り替えなど、コンピュータシステムの管理・運用についての知識を身につけることができます。

4. プレゼンテーション能力の育成

ビジネスの世界では、得意先にノートパソコンを持参し、プレゼンテーションを行うといったことが既に日常的となっています。学生の頃から、訴求力のあるプレゼンテーションスキルを身につけるために、日頃からノートパソコンを携帯し活用することが大変効果的です。

利用環境の整備

1. 学内ネットワ-ク環境

授業以外でもノートパソコンが活用できるように、大学のほぼ全域でネットワークアクセスが可能な無線LAN環境を整備するとともに、教室内外には確実で高速に通信ができる情報コンセント(有線LAN)を多数用意しています。

2. サポート体制

ノートパソコンを使用していると、ソフトウェアの設定不良、動作不良、ウィルス感染など様々なトラブルに遭遇しますが、本学では、これらのトラブルや相談に対処できる知識や技量を備えた学生による「パソコンサポートデスク」と呼ばれるサポート体制を整えています。

令和2年度の大学特別仕様ノートパソコン

大学特別仕様必携ノートパソコンの特色

本学の特別仕様ノートパソコンは以下の特色を備えています。
① OS(基本ソフトウェア)
Windowsをインストール済み。
(Windows だけでなくネットワーク管理スキルを養うのに適した Linux がすぐに利用可能)
② アプリケーションソフトウェア
本学の授業で使用する大学選定ソフトウェアをインストール済み。
LinuxとWindowsそれぞれに、授業で使用する厳選した各種フリーソフト、ツールをインストール済みです。
③ 高性能化
今後の授業やゼミ活動で利用するアプリケーションソフトウエアの高機能化や取り扱うデータの巨大化・複雑化を見据えて、大学4年間を通じて十分な性能を維持できるような高性能なノートPCを選定。
④ モバイル性能
持ち運びに適した軽量、コンパクトな機種を選定。

大学特別仕様必携ノートパソコンの仕様

【仕様】
モデル:dynabook GX83
プロセッサ:第10世代 Intel Core i5-10210U
メモリ: 8GB
SSD: 256GB
ディスプレイ: 13.3型 HD液晶(タッチパネルなし)
バッテリ駆動時間: 約14時間
重量: 939g
通信機能: 次世代無線LAN規格(Wi-Fi 6)対応802.11ax/ac/a/b/g/n
Webカメラ: 92万画素(顔認証センサー付き)
インターフェース: USB3.0×2、USB TypeC×1、HDMI端子×1、microSDカード×1、LAN×1、マイク入力/ヘッドホン出力端子×1
OS: Windows10 Home 64bit
大学指定ソフトウェア組み込み済み
アカデミーサポートパック(破損・盗難に対応した4年間の保険)付き
付属品:LANケーブル、インナーバッグ
販売価格: 申込専用Webサイトに掲載しています

申込専用WebサイトのURLは、大学からの「東京情報大学ノートPC販売のお知らせ」メールに掲載しております。

お願い

多人数を対象に行われる演習授業を毎回円滑に実施するには、全員が同じノートパソコンで受講することが望ましいため、全員に購入していただけるよう、大学で必要とするソフトウェアをインストールしています。
つきましては、このような事情をご賢察の上、全員のご購入をお願い申し上げます。

既に持っているノートパソコンを利用したい場合は、大学ホームページ「必携ノートパソコン(Q&A)」の「Q,今使っているノートパソコン(以下「指定外ノートパソコン」という。)を授業で使うことはできますか?」に記載している持ち込みの条件を満たし、ご理解いただいた場合に限り、許可しています。

編入学予定者のみなさんへ

本学では、4年間の情報教育の充実と徹底を図る観点から、平成17年度の新入1年生からノートパソコンを教材の一つとして必携化することとし、本学が指定する特別仕様のノートパソコンを全員に購入していただくことにしております。入学当初から始まる情報リテラシーの授業では、この必携ノートパソコンの利活用が前提となって講義が進められています。

編入学生のみなさんは、既修得単位の振替認定をもとに、新3年生(平成30年度入学生)と同様のカリキュラム、同様の授業科目を履修・修得していただくことになりますので、授業の中でノートパソコンを使用することもあります。

本学指定のノートパソコンでなくても構いませんが、まだ持っていない場合は、この度の本学への入学を機に大学指定の特別仕様ノートパソコンのご購入をお奨めします。なお、平成30年度入学生が購入した機種とは違うものとなっておりますので、ご理解の上、ご購入願います。
ノートパソコンを使用する予定の授業は、こちらをご覧ください。

お問い合わせ

事務局学生教務課(ノートパソコン係)
TEL:043-236-4612
FAX:043-236-2215
eメール:notepc(ここに@を入れてください)pcdesk.tuis.ac.jp

PCサポートデスクのページ