グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



センター試験利用入試(I~II期)


ホーム >  入試・イベント >  看護学部 入試情報 >  センター試験利用入試(I~II期)

センター試験利用入試のポイント【看護学部】

★大学入試センター試験の高得点3教科(3科目)の点数に、本学でおこなうグループディスカッションの評価を加えて判定します。
★合格者のうち、得点率75%以上を特待生とします。

入試日程

種別 出願期間 試験日 合格発表日 入学手続期間
I期 2018年12月20日(木)
~2019年1月28日(月)必着
[グループディスカッション]
2019年2月2日(土)
2019年2月3日(日)
2019年2月4日(月)
2019年2月7日(木) 2019年2月8日(金)
~2019年2月22日(金)必着
II期 2019年2月7日(木)
~2019年2月21日(木)必着
[グループディスカッション]
2019年2月26日(火)
2019年2月27日(水)
2019年3月2日(土) 2019年3月4日(月)
~2019年3月15日(金)必着
※上記のグループディスカッションの試験日の中から、希望する受験日を選択します。
※同期において一般入試を併願している場合、グループディスカッションは一般入試の受験日におこないます。

募集学部学科・募集人員

看護学部
看護学科
I期 6名
II期 2名

出願資格

以下の1~3のいずれかに該当し、さらに4の条件に該当する者
  1. 高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者および2019年3月卒業見込みの者
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者および2019年3月修了見込みの者
  3. 学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者および2019年3月31日までにこれに該当する見込みの者で、欄外の(1)~(6)のいずれかに該当する者
  4. 平成31年度大学入試センター試験で指定する教科(科目)を受験した者
※上枠の第3項については、以下の(1)~(6)のいずれかに該当すること
(1)外国において、学校教育における12年の課程を修了した者、および2019年3月31日までに修了見込みの者、又はこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者
(2)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有する者として認定した在外教育施設の当該課程を修了した者及び2019年3月31日までに修了見込みの者
(3)専修学校の高等課程(修業年数が3年以上であること、その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者、および2019年3月31日までに終了見込みの者
(4)文部科学大臣の指定した者
(5)文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者、および2019年3月31日までに合格見込みの者で、2019年3月31日までに18歳に達する者。または文部科学大臣が行う大学入学資格検定に合格した者で、2019年3月31日までに18歳に達する者
(6)本学において、個別の出願資格審査により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、2019年3月31日までに18歳に達する者

出願方法・出願書類

出願方法

センター試験利用入試は、インターネット出願の対象入試制度です。
インターネット出願であっても、郵送が必要な書類がありますのでご注意ください。

インターネット出願や手順等については、こちらをご覧ください

郵送が必要な出願書類

調査書 文部科学省指定の様式により出身学校が発行したもので「全体の評定平均値」および「成績概評欄」が記載されているもの。
平成31センター試験成績請求票
私立大学・短期大学用
独立行政法人大学入試センター発行の「平成31センター試験成績請求票 私立大学・短期大学用」を同封してください。
志願確認票 大学出願ネットの出願状況ページから各自ダウンロードし、プリンターで印刷してください。
住民票 ※外国人留学生のみ提出してください。

様式ダウンロード(宛名用紙)※後日掲載します

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

検定料

14,000円

選抜方法

大学入試センター試験の利用する教科・科目

教科 出題科目
外国語 『英語』 (「筆記」のみ)
国語 『国語』 (「近代以降の文章」のみ)
数学 「数学I」「数学I・数学A」「数学II」「数学II・数学B」「簿記・会計」「情報関係基礎」
理科 「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」「物理」「化学」「生物」「地学」

教科選択の方法と配点

種別 教科選択の方法 配点
3教科による採点 上記の4教科のうち3教科(3科目)選択
※教科選択方法に注意
選択教科 各100点
※2019年度(平成31年度)の大学入試センター試験の成績を利用します。
※外国語(英語)の配点については、大学入試センター試験の200点満点(筆記のみ)の配点を100点満点に換算して判定に利用します。
※理科の基礎を付した科目は、2科目あわせて1科目として扱います。
※教科選択方法 解答する教科(科目)には、必須教科と選択教科があるので注意してください。
【必須教科】「外国語」または「国語」のどちらかの教科(科目)を選択します
【選択教科】「外国語」「国語」のうち必須教科として選択しなかった教科(科目)、「数学」「理科」の中から高得点の2教科(科目)を選択します

グループディスカッション

■実施方法
  • 1グループあたり5名程度で実施します。
  • 冒頭、受験者各自が志望理由を順に述べたのち、グループディスカッションのテーマを提示します。
  • テーマは、高校生活に関すること等、受験者にとって身近なものです。
  • 1グループあたりの実施時間は約30分です。
■評価について
  • 他の受験者の意見をよく聞いたうえで、自分の考えを伝え、テーマに沿って深めていく姿勢を評価します。
※グループディスカッションの実施時間については、決定次第掲載します。

特待生制度

合格者のうち、得点率75%以上を特待生として採用し、授業料の半額(500,000円)を免除します。