グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



槇誠司


ホーム >  教員情報 >  総合情報学部 >  ま行 >  槇誠司

研究分野
数学教育

所属学会
日本数学教育学会
日本科学教育学会
日本教育情報学会
日本教育工学会

e-mail

メールアドレス

所属 教職課程 職名 嘱託教授
研究テーマ 児童生徒の統計的データの読解力に関する研究

メッセージ

皆さんは、ネット検索時代の中で、ビッグデータから取り出した情報を鵜呑みにするのではなく、情報を正確に読み取り、解釈し、根拠に基づいて批判する能力(批判的思考力)を身に付けてください。そうすれば、氾濫する情報や社会の変化に振り回されない人生を送ることができるでしょう。

研究内容

 PISA調査や全国学力・学習状況調査の結果から児童生徒の統計的データの読解力不足が課題となってます。このことから、本研究では、児童生徒の統計的データの読解力の実態を把握し、その要因を分析します。さらに、児童生徒の統計的データの読解力を高めるための指導法を検討します.具体的な手順は、以下の通りです。
1.先行研究から児童生徒に必要な統計的データの読解力を検討します。
2.児童生徒に対する統計的データの読解力の実態を国際学力調査や国内学力調査によって明らかにします。
3.各学力調査結果に対する学習指導を分析するために、小・中学校および高等学校の算数科・数学科教科書における統計的データの読解力に関する反映状況を調査します。
4.教科書の反映状況から児童生徒の統計的データの読解力不足の要因を分析します。
5.児童生徒の統計的データの読解力が向上するための指導法を検討し、授業実践によってその効果を検証します。

 その結果、算数科・数学科の教科のみならず、他の教科においても統計的データの読解力に関する短時間学習を繰り返す指導法の実施によって、児童生徒の統計的データの読解力の向上が見られました。
今回は、小学校第5学年を対象に実施した短時間学習による成果でありましたが、今後は、中学生、高校生や大学生についても同様な調査を実施する予定です。

学会発表・講演など

学会発表

(1) Seiji MAKI、Tatsuya HORITA、Research on Statistical Literacy Using the Japanese Textbooks-Comparison of Elementary School Arithmetic Textbooks and Junior High School Mathematics Textbooks-、6th International Conference on Learning Technologies and Learning Environments  (LTLE2017)、pp.710-713、2019.
(2) 槇誠司、堀田龍也、高等学校の教科書にみる統計的リテラシーの実態‐数学Ⅰ及び数学Ⅱの教科書を分析して‐.日本教育工学会、第33回全国大会講演論文集:pp.287-288、2017.
(3) 槇誠司、堀田龍也、高校生を対象にした義務教育段階における統計的リテラシーに関する実態調査.日本教育工学会、日本教育工学会研究報告集(JSET16-5):pp.151-156、2016.
(4) 槇誠司、堀田龍也、トランプを用いた統計的リテラシー教育の実践報告.日本数学教育学会、第98回大会特集号:p543、2016.
(5) 槇誠司、堀田龍也、中学校数学教科書における統計的リテラシーに関する記述の比較分析.日本教育工学会、日本教育工学会研究報告集(JSET16-2):pp.127-132、2016.
(6) 槇誠司、堀田龍也、H22及びH26年度版算数教科書における統計的リテラシーに関する記述の比較分析.日本教育工学会、日本教育工学会研究報告集(JSET15-5):pp.205-210、2015.
(7) 槇誠司、堀田龍也、日本の教科書にみる統計的リテラシーの実態-小学校算数教科書を分析して.日本教育工学会、第31回全国大会講演論文集:pp.675-676、2015.
(8) 槇誠司、堀田龍也、我が国の児童生徒の統計的リテラシーの実態.日本教育情報学会、第31回年会論文集:pp.312-313、2015.
(9) 槇誠司、堀田龍也、だまされないための統計的リテラシー教育の実践例.日本数学教育学会、数学教育論文発表会論文集:p553、2015.
(10) 槇誠司、堀田龍也、トランプを活用した統計的リテラシー教育の教材化.日本科学教育学会、第39回年会論文集:pp.366-367、2015.

講演

(1) お茶の水大学、理系女性教育開発共同機構(2018.10)、ファシリテーター
  ・演題:リケジョ-未来シンポジウム@Yamagata、サイエンスの学びから将来の夢へ
(2) 学校法人 朴沢学園 明成高等学校(2018.08)、講師
  ・演題:PDCAサイクルの実践-30年後を見据えた授業実践例と本校の取組-
(3) 山形大学理学部(2018.07)、講師
  ・演題:中学校・高等学校の数学科教員に求められるもの-数学科教員を目指すための実践的指導法-
(4)  荘内銀行主催(2018.07)、講師
  ・演題:30年後の村山市に未来はあるのか?-高校生からみた村山市の現状を踏まえて-
(5) 新経済セミナー(2018.05)、講師
  ・演題:学校教育新時代を迎えて
(6) 山形県教育センター(2018.05)、講師
  ・新規採用校長研修会
(7) 芝浦工業大学(2016.06、2017.05))、講師
  ・演題:数学科指導法特別講座(数学教師を目指すための実践例)
(8) 東北文教大学 児童教育センター(2015.06)、講師
  ・演題:教育における情報化に関する研究会
(9) 芝浦工業大学(2014.09)、講師
  ・第1回、第2回 数学科指導法特別講座(模擬授業)
(10) 芝浦工業大学(2013.08)、講師
  ・数学科指導法特別講座(模擬授業)
(11) 東京理科大学(2013.03)、講師
  ・第58回理数系教員のためのリフレッシュセミナー

発表・著書等

論文・著書など

(1) 山形県の算額-算額問題集-(共著)
  ・山形県和算研究会 2017.04
(2) 理数教育がひらく未来~受け継がれゆく坊ちゃんの遺伝子~、東京理科大学坊ちゃん科学6(共著)
  ・東京書籍 2013、10
(3) 予測のための中等数学4(共著)
  ・日本教材システム株式会社 2012.04

査読論文

(1) Seiji MAKI、Tatsuya HORITAComparative Study of the Categorization of Items of Statistical Literacy in Mathematics textbooks of elementary、junior high、and high schools in Japan.International Journal of Learning Technologies and Learning Environments、Vol.1:pp.79-92、2018.
(2) 槇誠司、和田裕一、堀田龍也、高等学校第1学年を対象とした統計的リテラシーの実態.教育情報研究、Vol.34、No.1:pp.3-14、2017.
(3) 槇誠司、佐藤和紀、板垣翔大、齋藤玲、堀田龍也、小学校第5学年におけるグラフ解釈に関する短時間学習の効果.日本教育工学会論文誌、Vol.41、Suppl、pp.45-48、2017.
(4) 槇誠司、堀田龍也、我が国の算数科の教科書における統計的リテラシー項目の分類による比較検討.教育情報研究、Vol.32、No.1:pp.27-36、2016.
(5) 槇誠司、堀田龍也、TIMMS、PISA及び全国学力・学習状況調査結果からみる我が国の統計的リテラシーの実態.教育情報研究、Vol.31、No.3:pp.13-22、2015.

学位・研究業績等

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。