グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



数理情報学系



数理科学とICTを融合させ情報を学ぶ


数理情報学系3トピックス

実学度No.1の統計学

データに基づく合理的で説得力のある計画や判断が、企業や行政の発展・効率化に不可欠です。いま、数字とコンピュータに強い人材が強く求められています。

基礎から応用へ

高校で学ぶ数学の基礎的内容から教職数学に至る本格的な科目まで、また、電卓からスタートして最先端の統計ツールまで段階的に学びます。

新たな仕事にチャレンジ!

インターネットを通じて蓄積されるデータを、高度な知識と深い洞察に基づき分析、解決するデータサイエンティスト。共にこの新しい仕事をめざしましょう。

アドミッションポリシー(学生受け入れの方針)

情報社会における様々な問題を数理的手法とコンピュータ技術を駆使して合理的かつ効率的に解決できる、実践的な能力の修得を重視している。そのために、下記の項目にあてはまる人を求めている。
  • 数理情報に関心を持ち、コンピュータやデータ分析に関わる技術を学ぶ意思の強い人
  • 数理情報を学ぶ前提となる基礎知識、特に数学・理科・情報等の科目に興味を持つ人
  • 数理情報の技術者として、積極的に地域社会に貢献する意欲を有する人

教育目標及び育成する人材像

数理情報学を基礎にしたデータ分析や数理モデル化による自然・社会システムの理解と課題解決実現のための手法を学ぶ。同時にこれらを情報システム化する技法を身につけ、その過程を通じて数理情報学およびその基礎である数学の専門性を修得することにより、高度な情報技術を駆使して意思決定を実行する、社会の要請に応え得るデータサイエンティストを育成する。

カリキュラム

赤文字:必修科目 / 青文字:選択必修科目 / 黒文字:選択科目


研究室紹介

数理情報研究室

数学を用いて実社会の問題を解決する

世の中には膨大な情報が眠っています。例えばコンビニで買い物をするだけでも、POSデータという情報がストックされているのです。こうした「ビッグデータ」と呼ばれる複雑なデータを、ソフトウェアを使って分析し、分かりやすく可視化することで、データの背後に潜む世界を明らかにします。

データサイエンス研究室

統計学を使ってモノ・コトの本質に迫る

この研究室では、統計学に裏付けされたデータ解析の方法について理解し、Excelや統計処理ソフトを使ってデータを解析する技術を習得します。解析に用いるデータの収集技術についても、実習を通して獲得します。

資料請求はこちら